ニュース
» 2015年11月17日 15時31分 公開

史上初、赤塚不二夫キャラクターをモチーフとした作品展「赤塚不二夫のビチュツ展」開催へ

生誕80周年記念の一環。「おそ松くん」モチーフの作品も。

[ねとらぼ]

 荒木経惟、田名網敬一、村上隆といったトップクリエイター約20組による赤塚作品のパロディーやオマージュ作品を“ビチュツ作品”と名付け一堂に展示する、赤塚不二夫生誕80年を記念した「赤塚不二夫のビチュツ展」が12月3日から16日の期間、BANK GALLERY(東京都渋谷区)で開催される。

赤塚不二夫

 9月に実施された「バカ田大学祭ライブ 電気グルーヴ&スチャダラパー篇」や、12月に東京大学で予定されている「バカ田大学」の開講といった赤塚不二夫生誕80周年の一環でメインイベントの1つという位置づけ。展覧会を通して赤塚不二夫が今なお、ジャンルや世代を超えた多くのクリエイターたちに愛され、インスピレーションを与え続けていることを体感できる。

赤塚不二夫

 本展では赤塚藤雄(不二夫)が漫画家デビュー前、新潟の小熊塗装店に勤務していた時代(中学卒業から上京までの約2年間、16〜17歳頃)に制作した絵画作品を初出品。赤塚不二夫のキャラクターグッズやコレクターアイテムの展示も行われる。

 参加アーティストは以下のとおり(五十音順)。赤塚藤雄(漫画家)・赤塚りえ子(アーティスト)・朝倉世界一(漫画家)・荒木経惟(写真家)・安斎肇(イラストレーター/アートディレクター)・伊藤桂司(イラストレーター)・宇川直宏(アーティスト)・金氏徹平(アーティスト)・五木田智央(アーティスト)・白川東一(KOO-KI 映像ディレクター)・白根ゆたんぽ(イラストレーター)・スージー甘金(イラストレーター)・田名網敬一(アーティスト)・都築潤(イラストレーター)・パラモデル(アーティスト)・村上隆(アーティスト)・ 横山裕一(漫画家、アーティスト)ほか。展示作品数は約50点を予定している。

赤塚不二夫のビチュツ展

  • 開催期間:2015年12月3日〜16日
  • 開催時間:11時〜20時
  • 開催場所:BANK GALLERY(東京都渋谷区神宮前6-14-5)
  • 入場料:1000円(税込/オリジナルバッヂ付き)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…