ニュース
» 2015年11月19日 11時18分 公開

カズオ・イシグロのベストセラーをテレビドラマ化 綾瀬はるかさん主演「わたしを離さないで」2016年1月放送開始

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます。

[高城歩,ねとらぼ]

 日系英国人作家カズオ・イシグロさん原作の「わたしを離さないで」がテレビドラマ化。TBSにて2016年1月より毎週金曜日22時から放送されます。


画像 TBS番組表より

 「わたしを離さないで」(原題:「Never Let Me Go」)はイギリスで100万部を越えるなど、英語圏でベストセラーとなった作品。2010年には米英合作で映画化されましたが、ドラマ化されるのは世界初です。原作ではイギリスを舞台に描かれていますが、今回のドラマでは舞台が日本に。


画像 原作小説「Never Let Me Go」。蜷川幸雄さん演出で舞台化もされました

 世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ育てられてきた保科恭子、土井友彦、酒井美和の3人。子どもらしい生活、子どもらしい教育を受けて「普通の子ども」であったはずの彼らはある日、校長から「あなたたちは生まれながらにして『使命』を持っているのです」と告げられ――。自分たちが「特別な子供」だったこと、「本当の運命」を知った3人は“生きる意味”を模索し始めます。大人になった彼らは運命に抗うのか、運命に従うのか……。


画像 綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます

 人望も厚く非常に優しく素直だったが、大人になった今、疲れとあきらめに満ちているこのドラマの主人公・保科恭子役を綾瀬はるかさんが演じるほか、恭子と共に不器用に希望を追い求める土井友彦役を三浦春馬さん、恭子と友彦と一緒に陽光学苑で過ごし彼らを翻弄する酒井美和役を水川あさみさんが務めます。

 また、脚本を手掛けるのは「天皇の料理番」「JIN ―仁―」「ごちそうさん」などの作品を生み出してきた森下佳子さん。原作者のカズオ・イシグロさんも「原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます。」と森下さん脚本にコメントを寄せていました。

 このドラマを通して現代の日本を生きる若者たちに「どんな状況でも命は輝くことが出来る」と伝えたい、という制作陣の願いがドラマでどのように反映されていくのか注目です。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン