ニュース
» 2015年11月19日 11時18分 公開

カズオ・イシグロのベストセラーをテレビドラマ化 綾瀬はるかさん主演「わたしを離さないで」2016年1月放送開始

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます。

[高城歩,ねとらぼ]

 日系英国人作家カズオ・イシグロさん原作の「わたしを離さないで」がテレビドラマ化。TBSにて2016年1月より毎週金曜日22時から放送されます。


画像 TBS番組表より

 「わたしを離さないで」(原題:「Never Let Me Go」)はイギリスで100万部を越えるなど、英語圏でベストセラーとなった作品。2010年には米英合作で映画化されましたが、ドラマ化されるのは世界初です。原作ではイギリスを舞台に描かれていますが、今回のドラマでは舞台が日本に。


画像 原作小説「Never Let Me Go」。蜷川幸雄さん演出で舞台化もされました

 世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ育てられてきた保科恭子、土井友彦、酒井美和の3人。子どもらしい生活、子どもらしい教育を受けて「普通の子ども」であったはずの彼らはある日、校長から「あなたたちは生まれながらにして『使命』を持っているのです」と告げられ――。自分たちが「特別な子供」だったこと、「本当の運命」を知った3人は“生きる意味”を模索し始めます。大人になった彼らは運命に抗うのか、運命に従うのか……。


画像 綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます

 人望も厚く非常に優しく素直だったが、大人になった今、疲れとあきらめに満ちているこのドラマの主人公・保科恭子役を綾瀬はるかさんが演じるほか、恭子と共に不器用に希望を追い求める土井友彦役を三浦春馬さん、恭子と友彦と一緒に陽光学苑で過ごし彼らを翻弄する酒井美和役を水川あさみさんが務めます。

 また、脚本を手掛けるのは「天皇の料理番」「JIN ―仁―」「ごちそうさん」などの作品を生み出してきた森下佳子さん。原作者のカズオ・イシグロさんも「原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます。」と森下さん脚本にコメントを寄せていました。

 このドラマを通して現代の日本を生きる若者たちに「どんな状況でも命は輝くことが出来る」と伝えたい、という制作陣の願いがドラマでどのように反映されていくのか注目です。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  9. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙