ニュース
» 2015年11月19日 11時18分 公開

カズオ・イシグロのベストセラーをテレビドラマ化 綾瀬はるかさん主演「わたしを離さないで」2016年1月放送開始

綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます。

[高城歩,ねとらぼ]

 日系英国人作家カズオ・イシグロさん原作の「わたしを離さないで」がテレビドラマ化。TBSにて2016年1月より毎週金曜日22時から放送されます。


画像 TBS番組表より

 「わたしを離さないで」(原題:「Never Let Me Go」)はイギリスで100万部を越えるなど、英語圏でベストセラーとなった作品。2010年には米英合作で映画化されましたが、ドラマ化されるのは世界初です。原作ではイギリスを舞台に描かれていますが、今回のドラマでは舞台が日本に。


画像 原作小説「Never Let Me Go」。蜷川幸雄さん演出で舞台化もされました

 世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ育てられてきた保科恭子、土井友彦、酒井美和の3人。子どもらしい生活、子どもらしい教育を受けて「普通の子ども」であったはずの彼らはある日、校長から「あなたたちは生まれながらにして『使命』を持っているのです」と告げられ――。自分たちが「特別な子供」だったこと、「本当の運命」を知った3人は“生きる意味”を模索し始めます。大人になった彼らは運命に抗うのか、運命に従うのか……。


画像 綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます

 人望も厚く非常に優しく素直だったが、大人になった今、疲れとあきらめに満ちているこのドラマの主人公・保科恭子役を綾瀬はるかさんが演じるほか、恭子と共に不器用に希望を追い求める土井友彦役を三浦春馬さん、恭子と友彦と一緒に陽光学苑で過ごし彼らを翻弄する酒井美和役を水川あさみさんが務めます。

 また、脚本を手掛けるのは「天皇の料理番」「JIN ―仁―」「ごちそうさん」などの作品を生み出してきた森下佳子さん。原作者のカズオ・イシグロさんも「原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます。」と森下さん脚本にコメントを寄せていました。

 このドラマを通して現代の日本を生きる若者たちに「どんな状況でも命は輝くことが出来る」と伝えたい、という制作陣の願いがドラマでどのように反映されていくのか注目です。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10