ニュース
» 2015年11月19日 21時56分 公開

国会図書館が蔵書を生かした「琳派」紹介サイト公開 引用資料もすぐネットで読める

紹介のテーマも「本でたどる琳派の周辺」と図書館ならでは。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 美術工芸の流派「琳派」が400周年を迎えたのを記念し、京都を中心にさまざまな企画展が催されています。11月19日に国立国会図書館が公式サイトで、本を通して琳派がどのように受け継がれ発展していったかを、同館の蔵書を用いて紹介する企画「本でたどる琳派の周辺」を公開しました。

琳派 企画サイト「本でたどる琳派の周辺

 琳派とは、桃山時代後期の本阿弥光悦にはじまり、「風神雷神図」の俵屋宗達や「紅白梅図屏風」の尾形光琳、酒井抱一らによって築き上げられてきた美術の流れ。草花や鳥、波などあらゆるモチーフを大胆に意匠化してしまうことから「デザイン的」とも形容され、国内外で親しまれています。実は五千円札に描かれているカキツバタは、「琳」の由来でもある尾形光琳の「燕子花図」を用いたもの。

 国立国会図書館ではさまざまなテーマを蔵書で紹介する電子展示「本の万華鏡」を展開しており、第20回目に今回の「本でたどる琳派の周辺」を公開。「琳派が生み、本が伝えたかたち」「琳派が『琳派』になるまで」「海を越えた琳派」の3章に分け、江戸から現代へ、日本から海外へと、琳派が本を通してどのように継承と発展を遂げたのかひも解いています。

琳派 蔵書から参考図を引っ張り、さらにその引用元のデジタル資料をすぐネットで読めるようにしている

 尾形光琳の解説文の横に、蔵書からデジタル化した「紅白梅図屏風」の絵を参考図として載せ、クリックするとすぐに引用元の資料がネット上で読めてしまうという、国立国会図書館のコンテンツを生かしたつくりが魅力的です。各章もあえて順番を設けずにそれぞれ独立した内容にし、興味あるところから読めるようにしてあるそう。400周年の琳派への知識を、国会図書館ならではの切り口と資料をもって深めてみたくなります。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声