ニュース
» 2015年11月20日 18時15分 公開

ぼくのかんがえた週刊「◯◯」が面白そう! デアゴスティーニがアイデア募集結果発表

おれ、週刊「一流のキャッチャーになろう」読んで世界一のキャッチャーになるんだ……。

[深戸進路,ねとらぼ]

 「2015年 アイデアが枯渇!」というぶっちゃけた宣言の下、2015年5月13日から募集が行われていた“デアゴスティーニ週刊「◯◯」アイデアマン募集”(関連記事参照)。その結果が同社公式サイトで発表されました。

 4万6541件もの応募の中から最優秀アイデアマンに選ばれたのは、プロジェクションマッピングで歴史を学びながら、額に入った立体的な世界地図を完成させるという、東京都K.Mさんのアイデア、週刊「動く立体世界地図」。デアゴスティーニがもともと地理学研究所に端を発していることを知っていたのか、現代的な立体地図のアイデアが同社に刺さったようです。

最優秀アイデアマンに選ばれた週刊「動く立体世界地図」 最優秀アイデアは週刊「動く立体世界地図」 写真協力:Skyseeker from Flickr/ 123RF / 気象庁ホームページより

 このほか、優秀アイデアマンとして7作品が選出。動物の足型を石こうプレートにしてコレクションできる週刊「動物の足型」、デアゴスティーニ イタリアのスタッフも興味を持ったという週刊「マイミニ仏壇」、そして斜め上の発想で「なろう」系週刊「○○」となるかもしれない週刊「一流のキャッチャーになろう」など、ユーモアにあふれた個性的なアイデアが多く見られました。

週刊「気象観測装置」 週刊「気象観測装置」 写真協力:Skyseeker from Flickr/ 123RF / 気象庁ホームページより
週刊「リアルムーン模型(月球儀)」 週刊「リアルムーン模型(月球儀)」 写真協力:Getty Images / DeAgostini Picture Library / ros_with_a_prince from Flickr
週刊「失われた美術」 週刊「失われた美術」 写真協力:Getty Images / DeAgostini Picture Library / ros_with_a_prince from Flickr
週刊「胸キュンシーン」 週刊「胸キュンシーン」 写真協力:写真素材ぱくたそ イラスト協力:吉野ルカ
週刊「動物の足型」 週刊「動物の足型」 写真協力:amana images: daj, Yusuke Okada(a.collectionRF), Radius Images, TSUNEO YAMAMOTO (SEBUN PHOTO), Shiroh Yabe(Orion), John Hyde(Pacific stock) / Istock
週刊「マイミニ仏壇」 週刊「マイミニ仏壇」 写真協力:takocchi / PIXTA(ピクスタ)
週刊「一流のキャッチャーになろう」 週刊「一流のキャッチャーになろう」 写真協力:写真素材ぱくたそ イラスト協力 吉野ルカ

 今後、商品化を目指し開発を進めていくとしており、経過は同社Facebookページで報告されるといいます。また、週刊「○○」アイデアマン募集は2016年夏ごろから第2回の募集が始まる予定です。

同社からのお礼動画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」