ニュース
» 2015年11月20日 18時40分 公開

「戦うさ! 働くくらいなら!」 ニートと社畜がロボットに乗って戦争する漫画「高機動無職ニーテンベルグ」がやばい

「働かずに食えるメシはうまいかっ!」「美味しいですよ!」。

[たろちん,ねとらぼ]

 ニートと社畜が戦争を繰り広げるという異色のロボット漫画「高機動無職ニーテンベルグ」が、Twitterで話題になっています。

高機動無職ニーテンベルグ 高機動無職ニーテンベルグ

 労働に支配された世界で無職として生きる少年・不働遊が主人公。「強制就職軍(デスマーチ軍)」に無職罪で逮捕されようとしていた不働が、「無職同盟(リガ・ジョブレス)」のリーダーであるネル・ネラレルと出会い、絶対に働かないためにロボット「ニーテンベルグ」に乗って戦い始めるというストーリーです。設定もネーミングもひどい。

高機動無職ニーテンベルグ 「戦うさ! 働くくらいなら!」

 「私が直々に圧迫面接をしてやろう」「戦うさ! 働くくらいなら!」「働かずに食べるメシはうまいかっ!」「美味しいですよ!」など、ニートと社畜がシリアスに不毛なやりとりを続けるというツッコミ不在のギャグ漫画。すごく赤い彗星っぽい仮面を付けた敵キャラ「閃光のワーカー・ホリック」が登場するなど、某有名ロボットアニメのパロディが随所に登場するのも特徴です。

高機動無職ニーテンベルグ 社畜とニートが真剣に不毛な争いを繰り広げます

 作者は漫画版「マクロスF」やギャグ漫画「トラウマ量子結晶」の青木ハヤトさん。月刊少年エースで連載中で、現在2巻まで発刊されています。ネット上で拡散されたことで、ロボットアクションにニートと社畜の要素を取り入れた謎すぎる世界観に注目が集まっています。

(c)青木ハヤト/KADOKAWA

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」