ニュース
» 2015年11月20日 21時03分 公開

完結から12年 SF漫画の傑作「BLAME!」の劇場アニメ化が決定 タイトルは「BLAME! 端末遺構都市」

アニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」に出てきた時と同じタイトルに。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 2003年に完結したSFアクション漫画「BLAME!」の劇場アニメ化が決定しました。タイトルは「BLAME! 端末遺構都市」。製作には作者の弐瓶勉さんが全面協力し、アニメーション制作は「シドニアの騎士」も手掛けたポリゴン・ピクチュアズが務めます。キャストやスタッフ、公開時期は未定で、決定後に随時発表される予定です。


 「BLAME!」は1997年〜2003年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載。テレビアニメ化もした「シドニアの騎士」の作者である弐瓶さんの初連載作品です。年代も場所も不明な超未来にある巨大階層都市を、探索者の霧亥(キリイ)が「ネット端末遺伝子」を求めて放浪する物語。セリフが極端に少ない分、全てを貫通する銃「重力子放射線射出装置」の戦闘シーン、何フロアと続く階層都市など、コマで広々と描かれる画が読み手をSF世界に誘う名作です。

BLAME! 4月から刊行されている「BLAME!」新装版の第1巻

 今年8月には、アニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の第8話の短い劇中劇としてアニメ化され話題になりました。その際もタイトルは「BLAME! 端末遺構都市」で、劇場アニメ化は決まっていませんでしたが、これを機に正式に制作する流れが始まったといいます。

BLAME! アニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」内での劇中劇の予告画像。今回の劇場アニメ化の告知にもこちらが使用されたもよう

4月に公開された、劇中劇の予告映像

 「シドニアの騎士」はもともと、「東亜重工」や「奇居子(がうな)」など「BLAME!」内の存在がスターシステムのように登場しており、今回の劇場アニメはシドニアファン含めて注目度の高い作品となりそうです。劇場アニメ化は11月20日発売「シドニアの騎士」第15巻(完結)の帯や、アニメ「シドニアの騎士」の公式サイトでも発表。弐瓶勉さんもTwitter(@tsutomu_nihei)で告知しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」