ニュース
» 2015年11月23日 19時53分 公開

渡瀬悠宇さん原作「ふしぎ遊戯」が2016年4月ミュージカル化決定 主人公の夕城美朱役に田中れいなさん

また特定の世代ホイホイ……!

[高城歩,ねとらぼ]

 渡瀬悠宇さんの漫画「ふしぎ遊戯」のミュージカル化が決定しました。2016年4月には2部作の前編となる「ふしぎ遊戯〜朱ノ章〜」が上演されます。


画像 ミュージカル「ふしぎ遊戯〜朱ノ章〜」公式サイト

 原作となる少女漫画「ふしぎ遊戯」(小学館刊)は、「少女コミック」にて1992年から1996年まで連載されており、テレビ東京系でテレビアニメ化もされた作品。

 中学3年生の主人公・夕城美朱と、その親友の本郷唯は「四神天地書」という書物の中に吸い込まれ、古代中国に似た異世界でそれぞれ朱雀・青龍の巫女となります。美朱は本の中の世界を守って自分の世界に戻るため、朱雀七星士とともに冒険するというファンタジーです。


画像 渡瀬悠宇さんの漫画「ふしぎ遊戯」。なつかしい……

 初のミュージカル化となる「ふしぎ遊戯〜朱ノ章〜」は、これまでに舞台版「ふしぎ遊戯」を3度手がけたamiproが企画製作。主人公の夕城美朱役は元「モーニング娘。」の田中れいなさんほか、鬼宿役は平野良さん、心宿役は寿里さん、柳宿役は宮地真緒さん、翼宿役は小谷嘉一さん、張宿役は富田大樹が演じます。

 なお、脚本・演出は超歌劇「幕末Rock」やミュージカル「ヘタリア〜Singin' in the World〜」など数々の舞台で活躍している吉谷光太郎さんが手がけることも発表されました。


画像 キャスト(公式サイトより)

 公演は2016年4月8日〜17日まで(15ステージ予定)。東京・池袋あうるすぽっとにて上演されます。チケット情報などの詳細はミュージカル版公式サイトを参照してください。なつかしい少女漫画のミュージカル化とあって、またしても特定の世代のハートに直撃しそうです。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」