ニュース
» 2015年11月30日 12時00分 公開

コンクリート・レボルティオでサザエさんっぽい大家族 仕掛け人はアニメ界のレジェンド辻真先先生だった!

脚本家本人が超人の疑い?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 放送中のアニメ「コンクリートレボルティオ」第9話「果てしなき家族の果て」を大ベテランの脚本家・辻真先さん(83)が手がけたことがちょっとした話題になっています。

第9話「果てしなき家族の果て」あらすじ 第9話「果てしなき家族の果て」あらすじ(画像はコンクリート・レボルティオ公式サイトより)
第9話予告動画

 「コンレボ」は、昭和40年代のヒーローなどをオマージュしたキャラクターたちが架空の時代を舞台に活躍する作品で(関連記事)。第9話は「サザエさん」をモチーフとしたと思われる7人家族をめぐるお話でした。

 火事に巻き込まれようが交通事故に遭おうがほぼ無傷という不死身の家族を、超人ではないかと疑い利用しようと企む米軍と、彼らを保護しようとする超人課による争奪戦が繰り広げられます。しかもこの家族、はるか何百年も前から衣服以外全く同じ姿で存在し、成長というものを知りません。まさにサザエさん時空の中を生き続けているというわけです。

 この回の脚本を手がけた辻真先さんは、テレビ草創期から数えきれないほどの脚本を手がけてきたまさにレジェンド。1969年から放送されている「サザエさん」の記念すべき第1話のシナリオを担当したのも辻さん当人で、今回はそのセルフパロディというべきもの。しかも、展開は辻さんが本来得意とするバリバリSFタッチの内容です。

 家族たちを狙うロボットは、これまた辻さんがかつて関わった「超電磁ロボコンバトラーV」や「闘将ダイモス」を匂わせるなど、辻真先ワールド全開。「何がどのパロディなのか分からん」という若い視聴者は、少し調べて見る必要に迫られるかもと思うくらいディープでした。

 それにしても、不老不死の家族もさることながら、「サザエさん」第1回が放送されてからかれこれ50年近く経つのに、今もなお深夜アニメ向けの脚本を書き続けている辻真先さん。彼こそが本当の超人ではないでしょうか。

コンクリート・レボルティオ公式サイト コンクリート・レボルティオ公式サイト

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」