ニュース
» 2015年11月30日 12時00分 公開

コンクリート・レボルティオでサザエさんっぽい大家族 仕掛け人はアニメ界のレジェンド辻真先先生だった!

脚本家本人が超人の疑い?

[ADAKEN,ねとらぼ]

 放送中のアニメ「コンクリートレボルティオ」第9話「果てしなき家族の果て」を大ベテランの脚本家・辻真先さん(83)が手がけたことがちょっとした話題になっています。

第9話「果てしなき家族の果て」あらすじ 第9話「果てしなき家族の果て」あらすじ(画像はコンクリート・レボルティオ公式サイトより)
第9話予告動画

 「コンレボ」は、昭和40年代のヒーローなどをオマージュしたキャラクターたちが架空の時代を舞台に活躍する作品で(関連記事)。第9話は「サザエさん」をモチーフとしたと思われる7人家族をめぐるお話でした。

 火事に巻き込まれようが交通事故に遭おうがほぼ無傷という不死身の家族を、超人ではないかと疑い利用しようと企む米軍と、彼らを保護しようとする超人課による争奪戦が繰り広げられます。しかもこの家族、はるか何百年も前から衣服以外全く同じ姿で存在し、成長というものを知りません。まさにサザエさん時空の中を生き続けているというわけです。

 この回の脚本を手がけた辻真先さんは、テレビ草創期から数えきれないほどの脚本を手がけてきたまさにレジェンド。1969年から放送されている「サザエさん」の記念すべき第1話のシナリオを担当したのも辻さん当人で、今回はそのセルフパロディというべきもの。しかも、展開は辻さんが本来得意とするバリバリSFタッチの内容です。

 家族たちを狙うロボットは、これまた辻さんがかつて関わった「超電磁ロボコンバトラーV」や「闘将ダイモス」を匂わせるなど、辻真先ワールド全開。「何がどのパロディなのか分からん」という若い視聴者は、少し調べて見る必要に迫られるかもと思うくらいディープでした。

 それにしても、不老不死の家族もさることながら、「サザエさん」第1回が放送されてからかれこれ50年近く経つのに、今もなお深夜アニメ向けの脚本を書き続けている辻真先さん。彼こそが本当の超人ではないでしょうか。

コンクリート・レボルティオ公式サイト コンクリート・レボルティオ公式サイト

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」