ニュース
» 2015年11月30日 12時30分 公開

作家・有川浩さん、映画「レインツリーの国」主演・玉森裕太さんの演技を「誠実」と称賛するも、記事で「歯切れ悪い」と書かれ反論

自身のTwitterに、記事内容を否定するコメントを投稿しています。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 作家の有川浩さんがTwitterで、自身の小説を原作とした映画「レインツリーの国」(11月21日公開)について語った内容を恣意的解釈の上で記事にされたと告白。「大変不本意」と憤りをあらわにしています。

サイゾーウーマンの「レインツリーの国」に関する記事 問題となっているサイゾーウーマンの記事

 記事は、11月26日にサイゾーウーマンに掲載されたもの。映画「レインツリーの国」の不調をうたった内容で、その裏付けとして「ジャニーズに詳しい記者」によるコメントが掲載されています。今回問題となっているのはその記者のコメントで、有川さんがV6・岡田准一さんがパーソナリティーを務めるラジオ「Growing Reed」に出演した際の様子を語った部分。以下に一部を抜粋します。

岡田が玉森について『どうでしたか? 大丈夫……大丈夫って言ったら失礼ですけど、後輩に』と尋ねると、有川氏は『関西弁もすごく頑張ってくれてて自然でしたし、お芝居もすごく誠実で』とコメント。岡田から『誠実って難しいですよ、良いと取るのかどうなのか……』と茶々を入れられると、『私にとってはすみません、最大限の褒め言葉って感じなんですけど』と答えており、歯切れの悪さは否めませんでした」―― サイゾーウーマン「Kis-My-Ft2・玉森映画『レインツリーの国』が苦戦!? 原作者も『この作品に関しては……』と消極的?」より抜粋

 番組内で有川さんは、主演を務めたKis-My-Ft2・玉森裕太さんの演技を「すごく誠実」とコメント。岡田さんが「誠実」の意味を尋ねると、有川さんは「私にとってはすみません、最大限の褒め言葉って感じなんですけど」と回答したそう。記事ではこのことに対して、歯切れが悪いと表現されていました。

 これに対し、有川さんはTwitterで「私にとって『誠実』というのは役者さんに対する最大の賛辞です。歯切れが悪いなどと勝手に恣意的解釈をされるのは大変不本意です」と完全否定。「私にとって誠実という言葉はとても大切な言葉です。尊敬できない役者さんには使いません」と語気を強めました。

 記事を掲載したサイゾーウーマンに対しては、「玉森さんに否定的な記事を書くために私を引き合いに出されるのは不本意です。私のコメントを使いたいなら、私に真意を訊きに来てください。などと言っても聞くような媒体ではないと思いますので、ただ否定するまでです」とコメント。読者に向けては「もし記事の憶測を信じてしまっている人がいたら、原作者は否定したという事実を教えてあげてください」と注意を促しています。

映画「レインツリーの国」 映画「レインツリーの国」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」