ニュース
» 2015年12月01日 14時19分 公開

意外にもこれが2度目の「あしたのジョー」舞台化 劇団め組が上演

上演は2016年5月。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 ボクシングマンガの金字塔「あしたのジョー」が舞台化されるようです。アニメや実写映画などさまざまなメディアで展開された人気作ですが、舞台化とはある意味盲点。公開は2016年5月25日〜29日の予定です。

すみだパークスタジオ倉で5月25日〜29日まで すみだパークスタジオ倉で5月25日〜29日まで

 「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、画:ちばてつや)は、孤児院育ちの主人公・矢吹丈がボクシングを通して人間として成長していくスポ根マンガ。昭和40年代の連載当時は、ジョーのライバルである力石徹がリング禍で亡くなると、その葬儀が実際に行われたり、よど号ハイジャック事件で犯人グループが「われわれは明日のジョーである」(原文ママ)とそのタイトルを引用するなど、社会現象を起こしたことなどでも知られています。

 と、もはや説明するまでもないビッグタイトルですが、今回、「岡田以蔵2009」などで知られる劇団め組が舞台化。矢吹丈役を新宮乙矢さん、力石徹役を藤原習作さん、丹下段平役を渡辺城太郎さんと、め組所属俳優が演じるほか、白木葉子役はマルチタレントの相沢まきさんが務めます。

 意外なことに、「あしたのジョー」の舞台化はこれが2回目。新国劇による1971年の舞台では、矢吹丈役を「夜明けの停車場」で知られる石橋正次さん、力石役を亀石征一郎さんが演じました。これは1970年公開の実写映画と同じキャストでした。

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う