ニュース
» 2015年12月18日 21時45分 公開

ネタバレ怖さにそこまでするか! 女性オタク漫画「木根さんの1人でキネマ」、スター・ウォーズ回が復活公開中

「フォースの覚醒」を予備知識ないまっさらな状態で観たい30代OLが、日常から「スター・ウォーズ」情報をシャットアウトしようと奮闘。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 とうとう映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開されたけどまだ観れない、ネットや人づてでネタバレしてしまうのをなんとか避けたい――。ヤキモキした気持ちをすくい取ってくれる漫画が、ネットで数日間だけ復活しています。

 漫画「木根さんの1人でキネマ」(作:アサイ)の映画「スター・ウォーズ」をテーマにした回が、連載中の漫画サイト「ヤングアニマルDensi」(白泉社)で再び公開されました。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の公開を記念した、12月18日から20日までの期間限定公開です。

木根さんの1人でキネマ ヤングアニマルDensi「木根さんの1人でキネマ」

 「木根さんの1人でキネマ」は、30代独身OLにして趣味が一人の映画鑑賞という木根さんの日々を描いたコメディ漫画。土日は予定ないから映画10本以上観よう、マイケル・ベイは最高、ジブリ作品は観たこと無い。自分の感性が赴くままに映画を観つづけた結果、語り合える友達も彼氏も全然いなくて孤独な映画人生を送っている木根さんの、映画愛をこじらせたさまざまなエピソードが登場します。

木根さんの1人でキネマ 主人公・木根さん。美人です(「木根さんの1人でキネマ」第1巻表紙

 復活公開されたのは第4話「スター・ウォーズ」。シリーズ10年ぶりの新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を予備知識のないまっさらな状態で観賞したい木根さん。日常で飛び込んでくる同作の情報を目耳に入れないよう奮闘します。その気合いの入れようは、電車内でほかの乗客が同作の話を始めると、手の甲に口を付けて「ブッ」とオナラの擬似音を鳴らし黙らせるほど。

 しかし仕事の打ち合わせ中、上司と取引先が「スター・ウォーズ」話に華を咲かせ始めてしまい。ネタバレの暗黒面に堕ちぬよう木根さんがどんなフォースを使うのか見ものです。筆者も公開初日で観に行けていない身、なんとかネタバレ防ぐぞ……!

 同エピソードは12月25日に発売される「木根さんの1人でキネマ」単行本第1巻にも収録予定。また、「ニコニコ静画」でも21日13時まで限定公開されています

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた