ニュース
» 2015年12月20日 11時00分 公開

話を削ったのは私の選択だ! 藤田和日郎が語ったアニメ「うしおととら」への言葉が誠実で熱くて愛に満ちていた

自分が生んだ作品への責任感と愛情を感じる、真っ直ぐな言葉。

[結城くすり,ねとらぼ]

 「週刊少年サンデー」で1990年から1996年まで連載していた藤田和日郎さんの漫画作品「うしおととら」。2015年7月からテレビアニメシリーズが始まったことも今年は話題を呼びましたが、そのアニメ版にファンから寄せられた批判の声に、藤田さんが放った言葉の数々が素晴らしいと話題になっています。

 連載終了から20年がたとうとしている中での待望のアニメ化。しかし実は、このアニメシリーズが始まる前、原作ファンの間では1つの懸念が取りざたされていました。それは、この作品が全33巻+外伝1巻という大作であることに由来したものでした。

 その懸念とは「きちんとすべてアニメ化されるのか?」というもの。「うしおととら」は、たくさんの絆が最後に結集する大団円的な構成の物語。原作を愛するものとして、それがきちんと再現されるのか? 余計なカットはされないか? と不安を覚える方が多く現れていたのです。なにしろ、外伝含めて全34巻の物語を、3クール合計39話で表現しなければなりません。単純に計算して1話当たり1巻と少し。不安を覚えるのも仕方がありません。

 そしてその不安はある意味、的中することになりました。

 あのシーンがない。あのキャラが“登場すらしない”。そんなアニメのプロットに不満を覚え、否定的な声を口にするファンが次々と現れたのです。

Googleのサジェストで「うしおととら カットしすぎ」 「うしおととら カットしすぎ」というサジェストまで出る状況

 それらは悪意による批判ではなく、原作を愛するからこその悲しみの声。悪意でないからこそ、どう扱うべきか迷うものでもありました。そんな声はやがて、原作者である藤田さんの耳へと届くことになります。

 そこで藤田さんがとった行動は、それを無視するでもなく、怒るでもなく、ただ誠実な言葉を並べることでした。

 アニメのスタッフも「うしおととら」を大切にしてくれている。話を削ったのは自分が犯人。そして、「うしおととら」のもともとの物語や登場人物がアニメにならなかったことで、この世で1番悔しがっているのは、“あなたではない”。

 この魂がこもった熱い言葉は、ファンの心を震わせました。

 生み出した本人が一番悔しい。しかしそれでも「削ることを自分で選んだ」とはっきりと宣言する。その姿は、創作者としての責任感や誠実さ、そして作品への愛情を感じさせるもの。事実藤田さんは、雑誌のインタビューやアニメ監督との対談で、「スタッフがカット無しでやりたいと言っていたが、自分は与えられた39話という枠内でできちんと完結させたいと希望した」と何度も繰り返し語っています。

アニメ版監督西村聡さんとの対談。映像内で「自分が決めた」ことを何度も強調しています

 そして藤田さんは、「いつも観てくださってる人ありがとうね。原作「うしおととら」を読んでくれてた方、今読んでくれてる方も、もっとありがとう! アニメはアニメで面白いし、漫画は漫画で楽しいよー」とちゃめっ気あるツイートでこの話題を締め、また普段のツイートへと戻っていくのでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」