ニュース
» 2015年12月21日 14時59分 公開

映画「デス・ノート」が間もなく劇場公開 あれ? デスノってこんなのだっけ?

ノートに名前を書かれたら死ぬ、しか合ってねぇぇぇぇ!

[深戸進路,ねとらぼ]

 来たる2016年1月5日、海外版の映画「デス・ノート」が劇場公開されます。……とは言うもののこの映画、あのマンガ「DEATH NOTE」とは全くの別物。同作をベースに来春から製作開始予定とされているハリウッド版とももちろん関係ありません。紛らわしいな!

映画「デス・ノート」 1月5日から公開予定の映画「デス・ノート」(画像は映画.comより)
そうそう、ライトはってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか! そうそう、ライトってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか!(画像はLet Us Preyオフィシャルサイトより)

 実はこの作品、2014年に英国などで公開された「Let Us Prey」というタイトルのホラー映画。日本での公開に合わせて邦題を「デス・ノート」としているようです。「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という設定はあるようですが、その内容は血しぶきが飛び交うなどゴア表現たっぷりのスプラッタホラー。配給会社が「デス・ノート」のタイトルを拝借したと思われます。

 大事なことなので2回書きますが、こちらの映画はあの「DEATH NOTE」およびハリウッド版DEATH NOTEとは全くの別物。しかし、同作はブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞するなど、これはこれで内容が気になる一作です。ホラー映画「デス・ノート」は2016年1月5日からヒューマントラストシネマ渋谷で、同年2月14日からシネ・リーブル梅田で公開されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた