ニュース
» 2015年12月21日 14時59分 公開

映画「デス・ノート」が間もなく劇場公開 あれ? デスノってこんなのだっけ?

ノートに名前を書かれたら死ぬ、しか合ってねぇぇぇぇ!

[深戸進路,ねとらぼ]

 来たる2016年1月5日、海外版の映画「デス・ノート」が劇場公開されます。……とは言うもののこの映画、あのマンガ「DEATH NOTE」とは全くの別物。同作をベースに来春から製作開始予定とされているハリウッド版とももちろん関係ありません。紛らわしいな!

映画「デス・ノート」 1月5日から公開予定の映画「デス・ノート」(画像は映画.comより)
そうそう、ライトはってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか! そうそう、ライトってこんなヤツだったね……ってんなわけあるか!(画像はLet Us Preyオフィシャルサイトより)

 実はこの作品、2014年に英国などで公開された「Let Us Prey」というタイトルのホラー映画。日本での公開に合わせて邦題を「デス・ノート」としているようです。「ノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という設定はあるようですが、その内容は血しぶきが飛び交うなどゴア表現たっぷりのスプラッタホラー。配給会社が「デス・ノート」のタイトルを拝借したと思われます。

動画が取得できませんでした
海外でのトレーラー映像(Horror Addictより)

 大事なことなので2回書きますが、こちらの映画はあの「DEATH NOTE」およびハリウッド版DEATH NOTEとは全くの別物。しかし、同作はブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞するなど、これはこれで内容が気になる一作です。ホラー映画「デス・ノート」は2016年1月5日からヒューマントラストシネマ渋谷で、同年2月14日からシネ・リーブル梅田で公開されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」