ニュース
» 2015年12月22日 15時41分 公開

今すぐ続き読みたい!「少年ジャンプ+連載グランプリ」優勝作品「誰が賢者を殺したか?」が一気に引き込まれる

連載と単行本化が決定しました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 集英社の週刊少年ジャンプ編集部が開催した「第1回少年ジャンプ+連載グランプリ」で、グランプリ受賞作が三雲ネリさんの近未来ミステリー「誰が賢者を殺したか?」に決定しました。2016年1月31日まで、第1話がネット上で読めます。


誰が賢者を殺したか 「誰が賢者を殺したか?」作品トップページ

 舞台は、近未来の世界。就職活動で連敗を重ねていた溝呂木一馬(みぞろぎかずま)は、いじめられていた一人の少年を助ける。一方米国では、”アーミッシュ”のレオナルドが不幸な事故死を遂げるが、男性には生前、家族すら知らないある”秘密”があった。はたして、レオナルドは本当に事故死だったのか。そして、溝呂木一馬とレオナルドの死が、どのように関係してくるのか。レオナルドの娘ノエルが、父の死の真相を追う――というストーリー。

 読み始めると、中盤あたりから一気に引き込まれる魅力があります。近未来を舞台にした意外なギミックと凝った設定が魅力的で、グランプリ受賞も納得のクオリティーでした。これは続きが読みたい!


カラーカット 「誰が賢者を殺したか?」カラーカット

 作者の三雲ネリさんは、「このような賞をいただけて大変光栄です! また、たくさんの読者の方々に応援していただき、本当に感謝しています! これからもより面白い漫画を目指して努力したいと思いますので、よろしくお願いします!」とコメント。「週刊少年ジャンプ」副編集長・細野修平さんは、「ダントツでレベルが高く、面白かった。近未来的なギミックを使ったアイデアの新鮮さ、ヒロインの出自が活きてくる展開、謎解きの面白さなど、『連載』としての魅力が詰まっていた」と絶賛しています。

 ネット上でも、「妥当だよなぁ」「1番続き読みたかったやつ」「めちゃくちゃ面白かった」「やっぱダントツで面白かったもんな!」といった声が上がっていました。









 同作品はグランプリを受賞しましたので、「少年ジャンプ+」で連載され、「ジャンプコミックス」として単行本化されます。また、現在第2回グランプリも開催されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた