ニュース
» 2016年01月06日 12時20分 公開

2016年ボイン番付発表 次世代の巨乳グラドルが続々と“乳”幕

今年の“乳”フェースを要チェックや!

[大野真樹,ねとらぼ]

 1月4日発売の「週刊プレイボーイ」No.3&4(1月18・25日号)で、「2016年初場所グラビアアイドルボイン番付」が発表されました。

バスト100センチIカップの柳瀬早紀さん 西の横綱・柳瀬早紀さん(画像は柳瀬さんのTwitterより)
バスト95センチIカップの青山ひかるさん 東の横綱・青山ひかるさん(画像は青山さんのTwitterより)

 ボイン番付とは、巨乳評論家の杜哲哉氏、一級巨乳鑑定士のサミー・カズ氏などからなる週プレ美巨乳審議委員会が、「大きさ、形、柔らかさ、バランスなど、純粋な“おっぱい力”の高さをモノサシに決定している」とのこと。前回は東の横綱に鷹羽濡さんが、西の横綱に高崎聖子さんが選ばれています。

「週刊プレイボーイ」No.3&4 グラビアアイドルボイン番付が掲載されている「週刊プレイボーイ」No.3&4

 今年の番付では、前回、西の関脇として“乳”幕していた青山ひかるさんが順当に東の横綱へと昇進を果たしていますが、目を引くのは、デビューから実質1年足らずで西の横綱に出世した“やなパイ”こと柳瀬早紀さん。

 柳瀬さんの初DVD作品「ミルキー・グラマー」は、AmazonアイドルDVDランキングで1位を獲得するほどの人気に。バスト100センチのIカップボディは横綱の名に恥じぬ大迫力です。このほか、西の関脇には日テレジェニック2015メンバー菜乃花さんが、西の前二には日テレジェニック2015メンバーの久松かおりさんがそれぞれ“乳”幕を果たしています。

 また、ロシアで「おっぱいの大きいチェブラーシカのようだ」と話題をさらい、ミスiD 2016一般投票1位となった長澤茉里奈さん(関連記事)が東の前一に“乳”幕。身長148センチと小柄ながらIカップという巨乳がチャームポイントの元仮面女子、天木じゅんさんは東の大関に選ばれています。この2人は、童顔にアンバランスな肢体だけでなく、Twitterに載せる自撮りやPR動画など、時代に即した地道な努力が評価されていたのも印象的です。

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンが2015年6月に発表した「下着白書 vol.15」によると、カップサイズ別売上でAカップ率が過去最低の5.3%、Fカップの6.0%を下回ったと報告されており(関連記事)、女性のバストサイズはまだまだ大きくなりそう。ベテラン勢だけでなく、新進気鋭のグラビアアイドルも目立った今回のボイン番付。2016年はまだ始まったばかり、今年はどんな“乳”フェースが出てくるか今から楽しみですね。

大野真樹

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた