ニュース
» 2016年01月07日 21時16分 公開

Twitterで「走れメロス」がまるまる送れちゃう時代へ 1万文字拡大予定で、ユーザーざわめき立つ

140字のTwitter小説「ニンジャスレイヤー」はどうするの?

[たまごまご,ねとらぼ]

 Twitterの文字制限が140文字から1万字になることが検討されている、というニュースが報じられてから、Twitterユーザーの間では「どのくらいの長さが入るのか」が話題になっています。

 調べた人の結果によると、太宰治の「走れメロス」がすっぽり入る文字量とのこと。また「人間失格」の第一手記もまるまるはいるそうな。1ツイートでメロスが行って帰ってこられます。


画像 ワンツイートで帰ってこなきゃいけないメロス(画像は角川つばさ文庫版)



 ちなみに宮沢賢治「注文の多い料理店」が5500文字くらい、中島敦「山月記」が6000文字強、芥川龍之介「枯野抄」が8000文字くらいで、すっぽり入ります。国語の教科書で習う文章はほぼ入りそうです。「寿限無」など、古典落語の基本形が、だいたい5000から1万文字くらい。

 1万字を利用したアスキーアートやネタに挑戦している人も、すでにいます。







 今多くの人に心配されているのは、「ニンジャスレイヤー」。もともとこのTwitter小説は、140文字の制限の中で連載し続けることで、独自の文体を産んだシリーズ。文字数が1万字になったらどうなるのか?

 日本語版翻訳チームが運営する「ニンジャスレイヤー公式ファンサイト:ネオサイタマ電脳IRC空間」では、「たぶん何も変わりません」「140文字が生み出すかわいらしくミニマルなワビサビと、実況が生み出すグルーヴが大きく関わっています」と、ニンジャアトモスフィアあふれるコメントを述べています。リアルタイム更新のため、大量のワンツイート投下は不可能、とのこと。


画像 140文字ならではのテンポのワビサビを生かす方向(公式ファンサイトより)

 2016年第1四半期(1〜3月)末に実装を目指している、1万字ツイート。大学の卒論がまるまる入る、という声もあがっています。いくら長く書いてもタイムラインに流れてくるときは、140文字以上は畳まれるそうです。ひょっとしたらTwitterAA職人や、Twitter小説家になろう、なんかが生まれる可能性があるかも?



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた