ニュース
» 2016年01月18日 21時30分 公開

20歳限定!! よみうりランド成人式バンジーに参加してみた

大人になるための試練なのだ。

[鈴木なとせ,ねとらぼ]

 南太平洋のバヌアツ共和国で行われてきた成人の通過儀礼「ナゴール」。今日における「バンジージャンプ」の起源として知られています。さる1月10日、筆者はよみうりランド(東京都稲城市)で「成人式バンジー」に挑戦してきました。同園では毎年、新成人の入園料とバンジージャンプ1回を無料にしており、まさしく“成人の儀”を体験できるのです。


成人式バンジー

 新成人になる同級生を誘ってよみうりランドにやってきた筆者。ゲートを抜けると巨大観覧車やジェットコースター、大道芸人にヒーローショーがお出迎えしてくれ、「これぞ遊園地!」といった風景に戦々恐々としていた気持ちもなんだかなごやかに。

 ポップコーン売り場や射的コーナーなどついつい入ってしまいそうになるお店に気を取られつつ、バンジージャンプのエリアを探していると、遠くに高い塔が見えてきます。もしやあれかと思って近づいていくと……。


成人式バンジー !? 周りのアトラクションよりもズバ抜けて高い塔が!

成人式バンジー この高さ、そうだ、六本木とかにいっぱい建ってるマンションと同じくらいな気がするッ!!

成人式バンジー バンジーは左端でした。驚かせやがって……

 実は「クレイジーヒュー・ストン」という別のアトラクションであることが判明。バンジージャンプは写真左端に写っている高所作業の足場のような塔でした。なーんだよかったよかった。六本木のマンションに比べたら半分以下くらいの高さのようです。

 「クレイジーヒュー・ストン」にすっかりおどかされてしまったので、急に拍子抜けしてしまいました。並んでいる人もいないので早速受付へ。注意事項を読んでから同意書にサインし、体重を計測。そして身体に応じたサイズの装備をつけていきます。

 荷物はロッカーに預けて、台の真下にあるベンチで前の人が飛び終わるのを待ちます。順番待ちをしている間、友人と飛ぶ瞬間に何か叫ぼうと話し合いました。せっかく通過儀礼としてのバンジージャンプですから、成人を迎えるにあたっての抱負でも考えておこうと思ったのです。「自立した大人になる」「冒険に出たい」「新しい恋愛をしたい」などなどお互いに案を出していると、飛ぶ番がやってきました。


成人式バンジー 装備シーン

成人式バンジー 友人に見送られ、地上から約5メートル地点では余裕のピースサイン。

成人式バンジー え!? 高い!!!!

 ジャンプ台までどんどんと階段を上がっていきます。最初は調子よく登っていたのですが、高くになるにつれ穴が開いた階段からチラチラと地面が見えるのが怖くなってきます。途中から脚がガクガク震えだし、どうにかこうにかジャンプ台へたどりつきました。

 先に並んでいる人が黙って落下したのを見送ると、淡々とした口調の係員さんが準備と説明を始めます。「まずはジャンプ台の手すりに両手でつかまって(中略)目線は真っすぐ。遠くを見てください」。飛び降り姿勢に入った時、つい足元を見てしまったのですが、胃がギューっと小さくなるような感じがしました。そしてカウントダウン開始。

成人式バンジー 「3、2、1……」係員さんの声には表情がありませんでした。優しさのない、己の勇気だけが頼りになる場所なのです

成人式バンジー おぎゃあアァァァァァ!!!

成人式バンジー もてあそばれているかのようだ……クッ、殺すならさっさと殺してくれッ!! 

 いざ飛ぶと「おぎゃあアァァァァァ!!!」。あれほど新成人の抱負を考えていたのに、結局新生児のような叫びを上げてしまいました。しかもこのバンジージャンプ、飛んでからなかなか地面に到達せず、ロープがゴムのようになって空中を上下に揺さぶられます。捕虜になった気高い騎士の気持ちも味わえました。


成人式バンジー やっとふわふわのエアが入った地面に到着。

成人式バンジー そしてご飯へ

 全工程が終了したあとは、よみうりランド内のレストランへ。温かなカレーオムライスの味に、ようやくほっとした気持ちになりました。

 バンジージャンプは成人の日以外も営業しています。1回900円で「12歳以上/体重38〜109kg/ウエスト102センチまで」といった条件があります。都内でバンジージャンプができる施設は同園だけとのことなので何かの節目の際に飛んでみるのはいかがでしょうか。ちなみに筆者はもうやりたくありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」