ゆれるはじけるこのおっぱい 「無彩限のファントム・ワールド」川神舞先輩のもみしだきたい身体あのキャラに花束を

リンボーダンスは最高だぜ!

» 2016年01月19日 22時54分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

リンボーとおっぱい

 京都アニメーション制作の「無彩限のファントム・ワールド」川神舞先輩が一躍有名になったのは、1話のリンボーダンスでした。

 リンボーダンスといえば、上体を後ろに反らせて棒の下をくぐるアレ。身体能力抜群な舞先輩は、すいすいとやってのけます。

 ところが彼女は巨乳だった。リンボーダンスにおいて、これはデメリットなのだ。


画像 うーんでかい。暴力的なムチムチ感の、太ももにも注目したい

 ピンチである。ここで彼女がとった手段は体を上下させて、おっぱいが下にさがった瞬間にくぐるという天才的アイデア。彼女は上半身をそらしながら、激しく上下にうごかし、胸をぶるんぶるんさせました。

 ぼくは感じました。彼女のブラはあの時外れていたであろうことを。いやまあ、見えないんですよ。でもあのおっぱいの動き方はね、重力上下乳運動によって途中ブラが外れ、自由になったからこその動きですよ。普段はツンと立派な形をしているから、ノーブラではないと思うんだよね。

 かくして、舞先輩は大きな胸というハンディキャップを背負いながら、見事リンボーダンスをクリア。

 彼女の涙ぐましい努力をねぎらうかのように、京都アニメーションは、全力の作画力をもって、胸の弾けるような動きを描きあげました。

 序盤、舞先輩は「下ブルマ上制服」という破壊力バツグンな服装を着ていたのもあり、一話終了後pixivやTwitterには、「ブルマ制服で淫リンボーする舞先輩」の絵があふれかえりました。

 世界が求めていたのは、リンボーだったんだよ。



ふわふわのぷるぷる

 女の子キャラの魅力の一つ、「柔らかさ」。躍動する脚、特にふとももやふくらはぎ。細い指。しなやかな腕。そして、おっぱい。

 川神舞先輩は、とにかく胸がでかい。公式のキャラ設定でも「ブロンド髪のクォーターでひたすらに胸が大きい」と書かれています。どのくらいひたすらにでかいかは、絵を見れば一目瞭然。


画像 公式サイトより。でかい。胸だけじゃなく、色んな所が

 このアニメは、「ファントム」と呼ばれる、人間のイメージが作り出した幻影を封印していく物語。主人公の少年・一条晴彦は、退治チームとして川神舞先輩と組んで、クラブ活動としてファントム退治を行っています。

 舞先輩は、中国拳法をベースに、「五行の氣」を組み合わせた拳法使い。ファントムの活動を拳で食い止める前衛です。後衛に回るのが、絵にファントムを封印する晴彦や、ファントムイーターの和泉玲奈。

 そのため舞先輩が格闘技で戦うシーンが頻繁に入ります。彼女の身体、実にしなやかです。一つ一つのかっこいい決めポーズから、しなるムチのように蹴りを繰り出す。大きく背中をそらし、長い脚で高く跳躍し、体重を載せてファントムに攻撃を加える。彼女の胸の丘陵は激しく揺れる。


ああ、舞先輩本当に柔らかいよ……!

 2話では、彼女がストレッチをしているシーンがあります。彼女の身体本当に柔らかい。手足がシュッと長いため、曲げた筋肉が非常に映えます。



気の強いあの娘は、ぼくの性の目覚め

 舞先輩は、めちゃめちゃ気が強い。考えるより先に手が出る性格です。

 「気が強い年上の女性」は、思春期男子が特有に持っている「女性像」の一つです。


画像 公式サイトより。気性が荒く、感情表現が豊か。どんどん先走る、年上のオンナノコ

 中高生男子が性に目覚めた時に真っ先に感じるのは「女の子ってよく分からない」「女の子ってなんかエロい」の2点。

 まず、「分からない」。「エヴァンゲリオン」のアスカにシンジが怒られたように、「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒがエキセントリックなように。うまく会話が成立しない。感覚が違う。ちょっと怖い。男子と女子は見るもの聴くもの、考えること、違うんだと気づく。


画像 いいか、叱られようが怒鳴られようが、こんな女性と一緒にいられたら、それだけで青春時代は幸せなんだぞ?

 そして「エロい」。「ビルドファイターズ」のフミナ先輩のスパッツを見て心がキュっとしたように。舞先輩は身体のパーツどこを見てもドキドキする。女の子の細い手、むっちりした太もも、大きくなり始める腰骨、そしておっぱい。思春期男子が女子の身体を見るなっていうのは無理です。加えて目の下に両方ほくろがある、左脚の内ももにもある、という追い打ちつき。艶めかしい。

 五行を使う時の舞先輩の行動がまたエロティック。多分気の通る部分をほぐすのでしょう、胸をやさしくもみほぐしたり、両手をウエストに回して抱きしめ揉みしだいたり。主人公は目をそらします。この「ちょっと見たらいけない」感もまた、彼女が思春期の性の権化たる所以。

 象徴的なセリフ。舞先輩が晴彦に、ジト目で言い放った「いやらし」の一言。

 大人になれば「ご褒美です!」と言えるけど、高校時代に言われたら相当あせります。ああ、どうすればいいんだ、女の子ってわかんねー……、って。


画像 公式サイトより。行動一つ一つにドギマギさせられてしまう






 ヘスティア様の胸は、安らぎを感じさせるあたたかさにあふれていました。

 舞先輩は、どこをとっても興奮しかありません。彼女が飛び回る様子は、女体エンタテイメントです。



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  3. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」