ニュース
» 2016年01月19日 22時54分 公開

ゆれるはじけるこのおっぱい 「無彩限のファントム・ワールド」川神舞先輩のもみしだきたい身体あのキャラに花束を

リンボーダンスは最高だぜ!

[たまごまご,ねとらぼ]

リンボーとおっぱい

 京都アニメーション制作の「無彩限のファントム・ワールド」川神舞先輩が一躍有名になったのは、1話のリンボーダンスでした。

 リンボーダンスといえば、上体を後ろに反らせて棒の下をくぐるアレ。身体能力抜群な舞先輩は、すいすいとやってのけます。

 ところが彼女は巨乳だった。リンボーダンスにおいて、これはデメリットなのだ。


画像 うーんでかい。暴力的なムチムチ感の、太ももにも注目したい

 ピンチである。ここで彼女がとった手段は体を上下させて、おっぱいが下にさがった瞬間にくぐるという天才的アイデア。彼女は上半身をそらしながら、激しく上下にうごかし、胸をぶるんぶるんさせました。

 ぼくは感じました。彼女のブラはあの時外れていたであろうことを。いやまあ、見えないんですよ。でもあのおっぱいの動き方はね、重力上下乳運動によって途中ブラが外れ、自由になったからこその動きですよ。普段はツンと立派な形をしているから、ノーブラではないと思うんだよね。

 かくして、舞先輩は大きな胸というハンディキャップを背負いながら、見事リンボーダンスをクリア。

 彼女の涙ぐましい努力をねぎらうかのように、京都アニメーションは、全力の作画力をもって、胸の弾けるような動きを描きあげました。

 序盤、舞先輩は「下ブルマ上制服」という破壊力バツグンな服装を着ていたのもあり、一話終了後pixivやTwitterには、「ブルマ制服で淫リンボーする舞先輩」の絵があふれかえりました。

 世界が求めていたのは、リンボーだったんだよ。



ふわふわのぷるぷる

 女の子キャラの魅力の一つ、「柔らかさ」。躍動する脚、特にふとももやふくらはぎ。細い指。しなやかな腕。そして、おっぱい。

 川神舞先輩は、とにかく胸がでかい。公式のキャラ設定でも「ブロンド髪のクォーターでひたすらに胸が大きい」と書かれています。どのくらいひたすらにでかいかは、絵を見れば一目瞭然。


画像 公式サイトより。でかい。胸だけじゃなく、色んな所が

 このアニメは、「ファントム」と呼ばれる、人間のイメージが作り出した幻影を封印していく物語。主人公の少年・一条晴彦は、退治チームとして川神舞先輩と組んで、クラブ活動としてファントム退治を行っています。

 舞先輩は、中国拳法をベースに、「五行の氣」を組み合わせた拳法使い。ファントムの活動を拳で食い止める前衛です。後衛に回るのが、絵にファントムを封印する晴彦や、ファントムイーターの和泉玲奈。

 そのため舞先輩が格闘技で戦うシーンが頻繁に入ります。彼女の身体、実にしなやかです。一つ一つのかっこいい決めポーズから、しなるムチのように蹴りを繰り出す。大きく背中をそらし、長い脚で高く跳躍し、体重を載せてファントムに攻撃を加える。彼女の胸の丘陵は激しく揺れる。


ああ、舞先輩本当に柔らかいよ……!

 2話では、彼女がストレッチをしているシーンがあります。彼女の身体本当に柔らかい。手足がシュッと長いため、曲げた筋肉が非常に映えます。



気の強いあの娘は、ぼくの性の目覚め

 舞先輩は、めちゃめちゃ気が強い。考えるより先に手が出る性格です。

 「気が強い年上の女性」は、思春期男子が特有に持っている「女性像」の一つです。


画像 公式サイトより。気性が荒く、感情表現が豊か。どんどん先走る、年上のオンナノコ

 中高生男子が性に目覚めた時に真っ先に感じるのは「女の子ってよく分からない」「女の子ってなんかエロい」の2点。

 まず、「分からない」。「エヴァンゲリオン」のアスカにシンジが怒られたように、「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒがエキセントリックなように。うまく会話が成立しない。感覚が違う。ちょっと怖い。男子と女子は見るもの聴くもの、考えること、違うんだと気づく。


画像 いいか、叱られようが怒鳴られようが、こんな女性と一緒にいられたら、それだけで青春時代は幸せなんだぞ?

 そして「エロい」。「ビルドファイターズ」のフミナ先輩のスパッツを見て心がキュっとしたように。舞先輩は身体のパーツどこを見てもドキドキする。女の子の細い手、むっちりした太もも、大きくなり始める腰骨、そしておっぱい。思春期男子が女子の身体を見るなっていうのは無理です。加えて目の下に両方ほくろがある、左脚の内ももにもある、という追い打ちつき。艶めかしい。

 五行を使う時の舞先輩の行動がまたエロティック。多分気の通る部分をほぐすのでしょう、胸をやさしくもみほぐしたり、両手をウエストに回して抱きしめ揉みしだいたり。主人公は目をそらします。この「ちょっと見たらいけない」感もまた、彼女が思春期の性の権化たる所以。

 象徴的なセリフ。舞先輩が晴彦に、ジト目で言い放った「いやらし」の一言。

 大人になれば「ご褒美です!」と言えるけど、高校時代に言われたら相当あせります。ああ、どうすればいいんだ、女の子ってわかんねー……、って。


画像 公式サイトより。行動一つ一つにドギマギさせられてしまう






 ヘスティア様の胸は、安らぎを感じさせるあたたかさにあふれていました。

 舞先輩は、どこをとっても興奮しかありません。彼女が飛び回る様子は、女体エンタテイメントです。



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」