ニュース
» 2016年01月20日 15時30分 公開

「スッキリ!!」に宮野真守が登場して生歌披露 耳元でささやかれた加藤浩次が思わず抱きつく事案も

朝の番組です。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 1月20日放送の日テレ系朝の情報番組「スッキリ!!」に、「DEATH NOTE」の夜神月などでおなじみの声優・宮野真守さんが出演。アニメ「亜人」のED曲「HOW CLOSE YOU ARE」を生で披露したほか、MCを務める加藤浩次さんにハグされるなどして、朝からファンをざわつかせました。

「スッキリ!!」に宮野真守 さわやかすぎる(「スッキリ!!」公式ツイッターより)

 「いま知っておきたいイイ男」として紹介された宮野さん。番組史上類を見ないほどの低姿勢で現れ、「なんという腰の低さですか」と加藤さんが驚くところから始まり、7歳ころに所属した劇団ひまわり時代から現在に至るまでの軌跡をまとめた映像や、多忙を極める一日のスケジュールも公開。

 さらにCM明けには、ファンから寄せられたというリクエストに応じてさまざまな声を披露。「DEATH NOTE」夜神月の声で「ふははははは! そうだ……僕がキラだ」という物語終盤のシーンを演じたり、「寝るときの耳元で甘い声」を求められると、加藤さんに近付き、耳元で「おやすみ、ずっと一緒に寝ていようね」とささやく朝の番組で映せるギリギリの演技を披露。これには加藤さんも「ヘブン状態」に達したようで、宮野さんに抱きつくというまさかの展開に。その様子に萌えるファンが続出しました。

 このほかにも、「カッコいいそして可愛い!!」「可愛すぎか!」「朝からマモが耳元でささやいていて雪どころじゃない」など歓喜の声が多数つぶやかれてました。結果、Twitterのトレンドは一時、「宮野真守」「宮野さん」「マモちゃん」「#スッキリ」と番組関係のキーワードがずらりと並ぶ状態に。宮野さんの人気のほどをうかがわせます。

twitterトレンド 宮野さんの圧倒的存在感ッ!

 コーナーの最後には、テレビ初披露となる新曲「HOW CLOSE YOU ARE」を生で歌い上げ、ファンに対し「いつも応援してくれてありがとうございます。これからもいろいろ頑張っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。朝からありがとうございました」とメッセージを贈った宮野さん。その後の、“天の声”のコーナーでは、過去にラジオのパーソナリティー仲間だったことから、中の人(山里亮太)と意気投合するシーンも見られるなど、まさにマモ一色の内容となっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー