ニュース
» 2016年01月21日 11時35分 公開

割れた腹筋がまぶしい! 宮崎秋人演じる舞台「FAIRY TAIL」主人公ナツ・ドラグニルのビジュアルが公開

体も心も男前すぎる。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 舞台「FAIRY TAIL」で、宮崎秋人さん(俳優集団D-BOYS)が演じる主人公、ナツ・ドラグニルのビジュアルが公開されました。


 真島ヒロさんによる原作は2006年より「週刊少年マガジン」(講談社)で連載。魔導士たちに仕事を仲介するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」を舞台に、炎を自在に操る滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと仲間たちの活躍を描く冒険ファンタジーです。

 「FAIRY TAIL」はこれまで、テレビアニメ、劇場版アニメ、ゲームなどさまざまに展開されてきましたが、舞台化は今回が初めて。ナツ役の宮崎さんはキャラ作りのために割れた腹筋を目指し、人生初のジム通いをしたといいます。

 さらに、ブログではナツを演じることへの意気込みを次のように語っています。

筋トレなんて正直、"最低限"だと思うんだよね。
やれば筋肉つくんだもの。
"ナツがどんな男かを知る"
ていうのが一番大事だと思う。
筋肉つけて、ウィッグ被って、メイクして、衣装着て、火出してればナツ??
そんなわけあるかい!
俺はそう思う。
舞台化するってそういうことじゃないよね。
観る人が一番わかってるよね。
これがスタートライン。
でも、個人的には高い位置にスタートラインを置けたと思う。


 今回、脚本・演出を務めるのは、宝塚歌劇団の脚本家、演出家として実績を積み、昨年は「ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-」も成功させた児玉明子さん。さらに、多彩な若手俳優が宮崎さんの脇を固めるとのことで、公演が待ち遠しいところ。舞台「FAIRY TAIL」は、池袋・サンシャイン劇場で4月30日〜5月9日上演予定です。

(C)真島ヒロ/講談社 (C)「FAIRY TAIL」舞台製作委員会 2016


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」