ニュース
» 2016年01月26日 19時07分 公開

ポケモン20周年記念! アメフト「スーパーボウル」で放送するCMがアツい

アメリカで最高視聴率を記録するスポーツでのCM。ピカチュウも出てるよ!

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 ポケットモンスター20周年を記念して、アメリカ最大のスポーツイベント「スーパーボウル」でCMが放送されます。アメリカで最高視聴率を記録するスポーツ中継に、初めてポケモンのCMが流れます。


#Pokemon20: Pokemon Super Bowl Commercial ポケモンの出演率は低いですが、最後まで見るとすっごくポケモン感あります

ポケモンCM 人だかりと飛んでいく火球。何か大きなもののシルエットも見えます

 YouTubeで公開されたCMには「I can do this(私にもできる)」というメッセージが込められています。山を走ってトレーニングする少年、大人を相手にチェスをさす少女、試合に向かうフットボール選手……と、誰かの努力が別の誰かの目に留まり、その情熱が伝播していくストーリー。


ポケモンCM 「I can do this.」とつぶやく少年

ポケモンCM 何人もの相手と一人で対局する少女

ポケモンCM 試合に向かうフットボール選手たち

ポケモンCMポケモンCM ポケモンリーグ?で相手に立ち向かうトレーナー。手にはモンスターボールが!

ポケモンCM 最後は「You can do this.」と子どもにつぶやく父親。ピカチュウかわいい

ポケモンCM 夢に向かう人たちへ「TRAIN ON」と行動を呼びかける

 最後はポケモンバトルに挑むポケモントレーナーが登場し、その戦いをテレビを見ている子どもへとつながっていくという、なかなか胸熱な展開。冒頭に登場する土煙の中のシルエットや終盤のポケモンリーグのシーンなど、ポケモン自体が登場するシーンは少ないものの、動画を最後まで見ればそのメッセージの強さにドキッとするかも。ポケモンのゲームディレクターである増田順一さんも、「こういうの好き!」とツイートしていました。



(今藤祐馬)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン