ニュース
» 2016年01月29日 12時30分 公開

なんだこれ! ドナルド・トランプ氏が主役のゲイ小説、Amazonでバカ売れ

さすが「自由の国アメリカ」の大統領選候補。

[Glycine,ねとらぼ]

 過激な発言で話題のアメリカ大統領選挙候補者、ドナルド・トランプ氏が登場するゲイ小説「Trump Temptation: The Billionaire & The Bellboy」(トランプの誘惑:大富豪とベルボーイ)が、米Amazon.comのKindle Storeに登場するや、ゲイ&レズビアン小説部門のベストセラーに躍り出たようです。

Trump Temptation: The Billionaire & The Bellboy いかにもヤッツケ仕事っぽいチープな表紙が最高だな! (画像はAmazon.comより)

 発売から1週間ほどで、200件を超えるレビューに五つ星の高評価を得ているこの作品。著者は22歳の役者、エリヤ・ダニエルさん。Twitterで、「よーし俺今夜は酔っぱらってドナルド・トランプのゲイ小説でも書いて、明日にはAmazonで出版しちゃうぞー」と9万5000人のフォロワーにツイートした勢いのまま、たったの4時間で書き上げたようです。

著者のエリヤ・ダニエルさん 著者のエリヤ・ダニエルさん(画像はTwitterより)

 2015年に映画化された官能小説「Fifty Shades of Grey」に着想を得たというこの小説、香港のトランプ・ホテルを舞台に、ナマナマしい描写が満載です。

日の光にねっとり光る脂ぎったオレンジ色の肌、素敵なネズミの巣のように乱れたボサボサの髪、彼は美しかった

彼の見事なケツが、美味そうなパンケーキの山のようにズボンの中で揺れていた。これほどパンケーキを渇望したことはなかった

 トランプ氏の姿が目に浮かぶような文才に「今世紀最高傑作」「アツい!」と、読者のウケは最高。仏「ル・フィガロ」紙は、「米国政治情勢の文脈において、ヒネリも大胆さも兼ね備えた壮大な文学的ジョーク」と同姓婚に反対しているトランプ氏をうまくいじった作品だと絶賛しています。

 ダニエルさんは、「トランプの誘惑」を三部作とするべく次作の執筆に着手しており、「他の大統領選候補のカメオ出演もあり得る」そう。トランプ氏からは特に苦情も出ていないようで、未開拓の支持層を拡げるチャンスと喜んでたりして? 日本での翻訳も待たれます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響