ニュース
» 2016年02月01日 10時49分 公開

年末恒例のネタ企画「裏紅白歌合戦」が1月なのに急きょ臨時開催 「あまりにいろんなことがありすぎて」

まだ1カ月しかたってないよ!

[ねとらぼ]

 毎年年末に発表される、妄想ネタ企画「裏紅白歌合戦」ですが、「あまりにいろんなことがありすぎて」との理由から、急きょ「裏紅白歌合戦2016.1月」が発表されました。早いよ! まだ1カ月しか経ってないよ!


画像 まだ1月ですけど……

 さて、例によっていい加減どこかから怒られそうなので、それぞれ詳しい説明は省きつつ、紅白それぞれの出場メンバーを見ていってみましょう。まず、総合司会はNHKの塚本堅一アナ、白組司会はSMAPの中居正広さん、紅組司会はベッキーさんとなっています。この時点でもうライフはゼロよ感がひしひしと。

 前半では紅組・ゲスの極み乙女。による「両成敗でいいじゃない」や、白組・甘利明経済再生相による「私以外私じゃないの マイナンバーカードスペシャルリミックス」などが見どころ。前半トリは白組・中居正広さんの「泣きたい気持ち」、ベッキーさん「好きだから」がそれぞれ務めます。


画像 まだ前半なのにこの飛ばしっぷり

 前半終了後は、「すしざんまい社長vs海賊」や「メリー喜多川vsI女史」など8組によるスポーツ対決「ガチ相撲裏紅白平成二十八年初場所」を挟んで攻守交代。後半も、紅組・土屋アンナさん「Switch On!」や、SMAP「世界に一つだけの花」などで盛り上がりが期待できそうです。

 審査員も琴奨菊関や元キングオブコメディ・今野浩喜さん、小保方晴子さんらを迎え相変わらず豪華なのかギリギリなのか判断に迷う面子。スタッフはSNS担当に週刊文春編集部、仕出しはダイコー・みのりフーズ、会場選定は「堀北真希・山本耕史夫妻の部屋探しをした不動産店店員」などこれまたコメントに困る顔ぶれとなっています。そんな中、さん然と輝く「その他全部製作・TOKIO」の安心感がすごい。


画像 本編以上にコメントしにくい「審査員・スタッフ」

 2015年は「目玉不足」と言われ、物足りないとの声も聞かれた「裏紅白歌合戦」ですが(関連記事)、2016年は年明けからこの飛ばしっぷり。年末の本戦は一体どうなってしまうのか今から期待が高まります。断っておきますが、もちろんこれは「NHK紅白歌合戦」をパロった妄想ネタ企画。放送の予定は万が一にもありませんのでご注意ください。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」