ニュース
» 2016年02月03日 15時50分 公開

「ビーストウォーズ」がYouTubeで配信開始! アドリブが乱れ飛ぶ“声優無法地帯”アニメの復活にTLが歓喜の渦

タカラトミーさんありがとう。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 タカラトミーのYouTube公式チャンネルで、なんと“声優無法地帯”として名高い(?)アニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」の配信がスタートしました。

 「ビーストウォーズ」は、「トランスフォーマー」の1シリーズとして、日本では1997年〜1998年にかけて放送された世界初のフル3DCGアニメ。カナダ・メインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」を日本語吹き替えした作品なのですが、回を増すごとに声優たちのおふざけが加速し、隙あらばアドリブを挟む(下ネタ多し)という、スタッフ泣かせの作品としても知られています。

サイバトロンの総司令官コンボイ(CV.子安武人)

デストロンの破壊大帝メガトロン(CV.千葉繁)

チータス(CV.高木渉)「あちあちっ、ケツが熱いってーの!」

いきなり歌うラットル(CV.山口勝平)

 物語の核となるのは、架空のエネルギー物質「エネルゴン」をめぐる“サイバトロン”と“デストロン”の争い。「ビーストモード」と呼ばれる機能を使い、ゴリラやチーター、ティラノサウルスといった動物に変形し、それぞれの特徴を生かして戦います。原作はいたく真面目な作品なのですが、日本語化する際に監督の岩浪美和さんが「これでは子どもにウケない」と考え、内容を大幅に変更。結果、前述のようなギャグマシマシの「和製ビーストウォーズ」が誕生しました。

 果たして全話配信してくれるのか、第2話はいつ配信するのかなど詳細は明らかとなっていませんが、「いいじゃん、ビーストウォーズなんだし」とすんなり納得してしまいそうなのが、この作品の魅力なのかもしれません。Twitterでは、配信決定を喜ぶ人たちの歓喜の雄たけびがあがっています。

 なお、2016年は放送開始20周年記念の年にあたり、1月5日には新番組「ビーストウォーズ復活祭への道」(TOKYO MX、Web配信)がスタートしたほか、5月7日〜8日には「トランスフォーマーフェスビーストウォーズ復活祭」と題したイベントが「舞浜アンフィシアター」で開催されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」