ニュース
» 2016年02月03日 15時50分 公開

「ビーストウォーズ」がYouTubeで配信開始! アドリブが乱れ飛ぶ“声優無法地帯”アニメの復活にTLが歓喜の渦

タカラトミーさんありがとう。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 タカラトミーのYouTube公式チャンネルで、なんと“声優無法地帯”として名高い(?)アニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」の配信がスタートしました。

 「ビーストウォーズ」は、「トランスフォーマー」の1シリーズとして、日本では1997年〜1998年にかけて放送された世界初のフル3DCGアニメ。カナダ・メインフレーム社で制作された「BEAST WARS: TRANSFORMERS」を日本語吹き替えした作品なのですが、回を増すごとに声優たちのおふざけが加速し、隙あらばアドリブを挟む(下ネタ多し)という、スタッフ泣かせの作品としても知られています。

サイバトロンの総司令官コンボイ(CV.子安武人)

デストロンの破壊大帝メガトロン(CV.千葉繁)

チータス(CV.高木渉)「あちあちっ、ケツが熱いってーの!」

いきなり歌うラットル(CV.山口勝平)

 物語の核となるのは、架空のエネルギー物質「エネルゴン」をめぐる“サイバトロン”と“デストロン”の争い。「ビーストモード」と呼ばれる機能を使い、ゴリラやチーター、ティラノサウルスといった動物に変形し、それぞれの特徴を生かして戦います。原作はいたく真面目な作品なのですが、日本語化する際に監督の岩浪美和さんが「これでは子どもにウケない」と考え、内容を大幅に変更。結果、前述のようなギャグマシマシの「和製ビーストウォーズ」が誕生しました。

 果たして全話配信してくれるのか、第2話はいつ配信するのかなど詳細は明らかとなっていませんが、「いいじゃん、ビーストウォーズなんだし」とすんなり納得してしまいそうなのが、この作品の魅力なのかもしれません。Twitterでは、配信決定を喜ぶ人たちの歓喜の雄たけびがあがっています。

 なお、2016年は放送開始20周年記念の年にあたり、1月5日には新番組「ビーストウォーズ復活祭への道」(TOKYO MX、Web配信)がスタートしたほか、5月7日〜8日には「トランスフォーマーフェスビーストウォーズ復活祭」と題したイベントが「舞浜アンフィシアター」で開催されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた