ニュース
» 2016年02月04日 17時20分 公開

2015年のKindle売上ランキング 出版社別でKADOKAWAが2連覇、文藝春秋はトップ5入りと躍進

今年もKADOKAWAのセールに期待。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 2015年(1月1日〜12月31日)のKindleストア「出版社別 年間売上ランキング」が発表されました。希望小売価格×販売数を基に集計されています(金額は非公表)。


 1位に輝いたのは、昨年に続きKADOKAWA。「ダンジョン飯」などの人気漫画・ラノベを多数電子化しているほか、新刊Kindle作品の約半数を紙版と同時発売したこと、さらには半額セールなどの価格施策を積極的に打ち出したことが結果につながったと見られます。昨年11月20日には、漫画「新世紀エヴァンゲリオン」(貞本義行)全14巻セットを700円で販売するという価格破壊も行っていました(関連記事)。今年も期待しています。

これはポチる(画像は割引当時のもの)

 また、2位の講談社、3位の集英社、4位の小学館には順位の変動がなかったものの、昨年11位だった文藝春秋が5位へと躍進。「火花」(又吉直樹)、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)といった人気作の電子化や(関連記事)、「週刊文春」の紙版との同時発売、さらに、話題となったニュースの記事を即座にまとめ、100円前後の低価格で販売するといった独自の取り組みも結果を後押ししたと考えられます。今年も既にSMAP解散(疑惑)報道や、元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕に関するコンテンツを配信しています。

話題になってから配信するまでのスピードも早い(画像はAmazon.co.jpより)

 このほか、芳文社が25位→18位と7つ順位を上げたほか(「ごちうさ」効果?)、西東社が54位→25位、リブレ出版が41位→26位と大幅に前進していました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響