ニュース
» 2016年02月04日 17時20分 公開

2015年のKindle売上ランキング 出版社別でKADOKAWAが2連覇、文藝春秋はトップ5入りと躍進

今年もKADOKAWAのセールに期待。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 2015年(1月1日〜12月31日)のKindleストア「出版社別 年間売上ランキング」が発表されました。希望小売価格×販売数を基に集計されています(金額は非公表)。


 1位に輝いたのは、昨年に続きKADOKAWA。「ダンジョン飯」などの人気漫画・ラノベを多数電子化しているほか、新刊Kindle作品の約半数を紙版と同時発売したこと、さらには半額セールなどの価格施策を積極的に打ち出したことが結果につながったと見られます。昨年11月20日には、漫画「新世紀エヴァンゲリオン」(貞本義行)全14巻セットを700円で販売するという価格破壊も行っていました(関連記事)。今年も期待しています。

これはポチる(画像は割引当時のもの)

 また、2位の講談社、3位の集英社、4位の小学館には順位の変動がなかったものの、昨年11位だった文藝春秋が5位へと躍進。「火花」(又吉直樹)、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹)といった人気作の電子化や(関連記事)、「週刊文春」の紙版との同時発売、さらに、話題となったニュースの記事を即座にまとめ、100円前後の低価格で販売するといった独自の取り組みも結果を後押ししたと考えられます。今年も既にSMAP解散(疑惑)報道や、元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕に関するコンテンツを配信しています。

話題になってから配信するまでのスピードも早い(画像はAmazon.co.jpより)

 このほか、芳文社が25位→18位と7つ順位を上げたほか(「ごちうさ」効果?)、西東社が54位→25位、リブレ出版が41位→26位と大幅に前進していました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた