ニュース
» 2016年02月05日 11時25分 公開

“絶対に読んではいけない漫画”「シマウマ」が禁断の実写映画化 快楽殺人者役に須賀健太

「血とゲロにまみれた、爽やかな感動青春映画」デス!

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 「ヤングキング」(少年画報社)に連載中で、“絶対に読んではいけない漫画”との異名を持つ「シマウマ」の実写映画化が決まりました。

 小幡文生さん描く「シマウマ」は、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界の描写を通じて、現代社会の暗部を強烈に切り取り、身近に潜む闇を炙り出す異色の作品。累計発刊部数約150万部を超える人気を誇ります。

 実写映画化にあたり、ひょんなことから回収屋の世界に入ってしまう主人公の倉神竜夫(回収屋名:ドラ)の配役が、特撮テレビドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役でブレイクし、映画「orange-オレンジ-」の須和弘人役などでも注目を集める若手俳優の竜星涼さんに決定。

映画「シマウマ」ドラ役の竜星涼さん 倉神竜夫(ドラ)を演じる竜星涼さん

 さらに、回収屋のメンバーとして、猟奇的な快楽殺人者・アカ役に須賀健太さん、紅一点で敵か味方か分からないミステリアスな女・キイヌ役に日南響子さん、謎に包まれた回収屋のボス・シマウマ役に加藤雅也さんがキャスティング。

映画「シマウマ」回収屋の面々 映画「シマウマ」より左から「キイヌ」「ドラ」「アカ」「シマウマ」

「シマウマ」マンガ版キャラクター マンガ「シマウマ」より左から「キイヌ」「ドラ」「アカ」「シマウマ」

 “絶対に読んではいけない漫画”が実写映画化と聞いてもピンとこない人には、「探偵はBARにいる」シリーズ、「臨場 劇場版」「相棒シリーズ X DAY」など、数多くの話題作を手掛け、映画「シマウマ」でも監督を務める橋本一さんのコメントが参考になりそうです。

こいつら全員、やる時ゃマジでサディスト。やられる時はどマゾ。やらせる方は身の危険を感じました。血とゲロにまみれた、爽やかな感動青春映画です。ご家族揃ってご覧ください! R指定だけど。

 「血とゲロにまみれてるのに爽やか」という一見矛盾した表現が、この作品の魅力を的確に表しているのでは。映画は5月21日から全国ロードショーです(なお、映画はR15+指定)。

(C)2015東映ビデオ (C)小幡文生/少年画報社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン