ニュース
» 2016年02月05日 11時25分 公開

“絶対に読んではいけない漫画”「シマウマ」が禁断の実写映画化 快楽殺人者役に須賀健太

「血とゲロにまみれた、爽やかな感動青春映画」デス!

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 「ヤングキング」(少年画報社)に連載中で、“絶対に読んではいけない漫画”との異名を持つ「シマウマ」の実写映画化が決まりました。

 小幡文生さん描く「シマウマ」は、他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界の描写を通じて、現代社会の暗部を強烈に切り取り、身近に潜む闇を炙り出す異色の作品。累計発刊部数約150万部を超える人気を誇ります。

 実写映画化にあたり、ひょんなことから回収屋の世界に入ってしまう主人公の倉神竜夫(回収屋名:ドラ)の配役が、特撮テレビドラマ「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役でブレイクし、映画「orange-オレンジ-」の須和弘人役などでも注目を集める若手俳優の竜星涼さんに決定。

映画「シマウマ」ドラ役の竜星涼さん 倉神竜夫(ドラ)を演じる竜星涼さん

 さらに、回収屋のメンバーとして、猟奇的な快楽殺人者・アカ役に須賀健太さん、紅一点で敵か味方か分からないミステリアスな女・キイヌ役に日南響子さん、謎に包まれた回収屋のボス・シマウマ役に加藤雅也さんがキャスティング。

映画「シマウマ」回収屋の面々 映画「シマウマ」より左から「キイヌ」「ドラ」「アカ」「シマウマ」

「シマウマ」マンガ版キャラクター マンガ「シマウマ」より左から「キイヌ」「ドラ」「アカ」「シマウマ」

 “絶対に読んではいけない漫画”が実写映画化と聞いてもピンとこない人には、「探偵はBARにいる」シリーズ、「臨場 劇場版」「相棒シリーズ X DAY」など、数多くの話題作を手掛け、映画「シマウマ」でも監督を務める橋本一さんのコメントが参考になりそうです。

こいつら全員、やる時ゃマジでサディスト。やられる時はどマゾ。やらせる方は身の危険を感じました。血とゲロにまみれた、爽やかな感動青春映画です。ご家族揃ってご覧ください! R指定だけど。

 「血とゲロにまみれてるのに爽やか」という一見矛盾した表現が、この作品の魅力を的確に表しているのでは。映画は5月21日から全国ロードショーです(なお、映画はR15+指定)。

(C)2015東映ビデオ (C)小幡文生/少年画報社


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10