ニュース
» 2016年02月05日 14時50分 公開

解読不能な謎の高額本「亞書」 発売元が国立国会図書館に136万円を返納したと発表

発売元のりすの書房は既に解散済み。

[ねとらぼ]

 解読不能な謎の高額本「亞書」の発売元であるりすの書房が、国立国会図書館から書籍代の返還を求められていた件(関連記事)で136万1460円を返納したと発表した。りすの書房は既に倒産しており、2015年11月20日に解散しているとのこと。

亞書 りすの書房の発表

 「亞書」はギリシャ文字などをランダムに配した解読不能な書籍シリーズ。Amazonでは1冊6万4800円という高額で第1巻から第78巻まで販売されており、ネット上では「謎の高額本」として話題になっていた。

亞書 Amazonでの販売ページ

 国会図書館では郵送された「亞書」を一般に頒布されている出版物として受け入れ、42冊分の約136万円を支払っていたが、その後の調査により国立国会図書館への納入義務の対象には当たらないものと判断。書籍を発売元に返却するとともに、代償金の返金を求めていた。

亞書 国立国会図書館の発表

 これに対し、りすの書房のサイトには一時国会図書館への不満をあらわす長文なども掲載されていた(関連記事)が、その後は「早急に返金手続きを行う」というシンプルなコメントに変更。2月4日に返納したというコメントに更新された。国立国会図書館にも問い合わせたところ、返金が確認できているとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ