連載
» 2016年02月13日 11時00分 公開

かわいすぎる獣医学生は「NANA」を読んで大人の世界に憧れた

「ミス理系コンテスト」ファイナリストの飯島しずかさんに聞きました。

[美女マンガ,ねとらぼ]
美女マンガ


「NANA」を紹介してくれた飯島しずかさん

 中島美嘉、宮崎あおいのダブル主演で実写映画化された、矢沢あいの大ヒット作品「NANA」。原作は作者急病のため2009年から休載しており、多くの人から矢沢あいさんの復帰が望まれています。

 小松奈々(通称ハチ)は一目ぼれの鉄人として恋愛を謳歌(おうか)した高校時代を送っていましたが、不倫関係を続けていた浅野を忘れられないでいました。そんな傷を癒してくれる章司と出会い、二十歳の時に章司の後を追って憧れの東京へ上京することに。上京の日、新幹線で乗り合わせた同じ名前のミュージシャン・大崎ナナとの運命的な出会いを果たしたことで、奈々の人生は大きく変わっていきます。

 今回同作を紹介してくれるのは、「ミス理系コンテスト」の出場経験をもつ獣医学生・飯島しずかちゃん。個性的なキャラクターたちから、しずかちゃんが受けた影響とは?

自分とは懸け離れた世界に憧れた

「NANA」を紹介してくれた飯島しずかさん

―― 「NANA」との出会いは?

飯島しずか

小学生くらいの時に友達から薦められました。私自身、中学2年の時にバンドを始めたのもあって、映画化された曲をバンドで演奏したりもしました。


―― それまで矢沢あいさんの作品は読まれていたんですか?

飯島しずか

読んだことなかったです。私は「ちゃお」派だったので、最初は矢沢さんの絵のタッチが大人っぽくて慣れなかったんです。でも、読んでみて構成がすごく上手だなと思いました。

キレイな景色の上に誰の言葉でもないナレーションが入ってきて、そのタイミングがしっくり来るというか、その言葉の重みが印象付けられました。


―― 「NANA」をきっかけに大人の世界に足を踏み入れたわけですね。

飯島しずか

自分の世界とは懸け離れているので、「本当にこういことがあるのかな?」って思ったり憧れを抱いたりして、すごく好きになりましたね。


―― 大人っぽさだけでなく、バンドマンの姿には憧れるところも多いですよね。

「NANA」の影響で大人の男性に偏見があった?

「NANA」を紹介してくれた飯島しずかさん

―― しずかちゃんが「NANA」を読んで影響されたことってありますか?

飯島しずか

当時大人の男性といえば学校の先生くらいしかいなかったので、「NANA」に出てくる個性的な男性を見ていたせいで男性に対して偏った見方をしていました(笑)。大学にはそんな個性的な男性はいなかったので安心しました。


―― 世の男性への偏見が晴れて良かったです。他にも「こんな人本当にいるの?」と思ったキャラクターはいましたか?

飯島しずか

ハチの彼氏を略奪した幸子ですね。こんなあざとい人いるのかなって思ってたんですけど、この年になってからいるかもって思い始めました……。矢沢さんも、モデルにした人がいるのかな(笑)。


―― もしかしたら個性的なキャラクターたちにはそれぞれモデルさんがいるのかもしれませんね。

飯島しずか

中学生で読んだ時も面白かったんですけど、今になって読んでも「こういう人いるいる!」「いやー、これはないよ」みたいに共感できるところが変わってくるので、何回読んでも面白いと思います。


―― 何回も読みたくなる魅力的な作品ですよね。本日はありがとうございました! 連載再開が待望されている大人気作品「NANA」。ぜひチェックしてみてくださいね!

「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん

飯島しずかちゃんのプロフィール

名前:飯島しずか

生年月日:1992年4月12日

出身:埼玉県

職業:大学生

趣味:ゴルフ

他に好きなマンガ:砂時計、ホリミヤ

Twitter:@shizuka_nvlu


フォトギャラリー

「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん
「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん「NANA」を紹介してくれた飯島しずかちゃん
「美女マンガ」モデル募集 「美女マンガ」ではマンガが大好きなモデルさんを募集しています

© COPYRIGHT 美女マンガ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声