ニュース
» 2016年02月15日 17時05分 公開

ドラマ「素敵な選TAXI」スペシャル版放送決定! ゲストの玉山鉄二、瀧本美織、清水富美加さんらの選択肢は?

過去に戻れるなら改名を希望する玉山さん、その芸名とは?

[幕田土都夫,ねとらぼ]

 竹野内豊さん主演、バカリズムさん脚本で、2014年10月期にカンテレ・フジテレビ系で連続ドラマとして放送された「素敵な選TAXI(センタクシー)」。2時間超で送るスペシャル版の放送が4月5日21時からに決定しました。

バカリズムさんはこのドラマで「第3回市川森一脚本賞」奨励賞を受賞(ドラマ公式サイトより)

 ゲストは玉山鉄二さん、瀧本美織さん、清水富美加さん、丸山智己さん、山崎樹範さん、宇梶剛士さん、松重豊さんなど。崖っぷちプロ野球選手&専属トレーナーを演じる玉山さんと宇梶さん、瀧本さんと山崎さんは婚前旅行中のカップルを演じるなど、「スペシャル感丸出し」(バカリズムさん)な豪華メンツです。

 「素敵な選TAXI」は、竹野内さん演じるタクシー運転手の枝分(えだわかれ)が、乗客を自身の望む過去まで連れていき、人生の“やり直し”の願いをかなえるストーリー。連続ドラマでも吉田羊さん、木村文乃さん、安田顕さんなどがゲストで登場し話題を集めました。

スペシャル感丸出し スペシャル感丸出し(ドラマ公式サイトより)

 今回の舞台は、とある温泉地。ゲストは枝分が訪れる温泉旅館の宿泊客として登場。それぞれが人生を左右するトラブルに見舞われる中、やがて1つの大事件につながり、クライマックスに向かっていくのだとか。脚本家としても評価が高いバカリズムさんならではの巧妙なストーリー運びにも注目です。

 公式サイトにはゲストのコメントも寄せられており、「もし選TAXIに乗れるとしたら、戻りたい(人生の)分岐点はありますか?」という質問も。ここで玉山さんは次のようにコメントしています。

過去に戻って後悔したことをやり直してしまうと向上しない気がしてしまうので、どちらかと言えば戻りたくないです。でも、もし戻れるのなら、芸能界に入る前に戻って、本名じゃなくて芸名をつけたいですね。もっと爽やかな名前をつければよかったなと最近思っているんです。“玉山鉄二”って武士俳優みたいなので“○○つばさ”とか良いかなと(笑)

 今回のスペシャルドラマでは、現役生活20年のベテランプロ野球選手を演じる玉山さん。その渋さ、かっこよさは変わらずで……やっぱり“○○つばさ”じゃなくて、“玉山鉄二”ですよね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声