ニュース
» 2016年02月18日 16時03分 公開

赤松健先生のApple愛が止まらない 40年前のApple IIを漫画執筆用マシンにフルチューン中

一見無謀とも思える試みですが果たして……?

[ヒグチマサキ,ねとらぼ]

 週刊少年マガジンにて「UQ HOLDER!」を連載したり、漫画の著作権や二次創作を守る活動をしたりと多方面で活躍中の赤松健先生ですが、パソコンへの造詣が深いことでも有名です。古く貴重なビンテージパソコンをいくつも所有し、趣味で動態保存しています。

 そんな赤松先生、最近、コレクションの中の1台、約40年前に発売されたApple IIに頭文字Dばりのフルチューンを施し、さらには漫画の執筆にも使えるようにカスタマイズしています。まるでハチロクでSUPER GTに挑むような、一見無謀とも思える試みですが果たして……?




 Apple IIとはアップルが1977年に発表した、世界初の大量生産されたパーソナルコンピュータです。Apple創業者、スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックの才能を世界に示した製品であり、iPhoneの遠い遠いご先祖さまとも言えます。

 赤松先生のApple IIは、最新の教育・ホビー用シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」を搭載しています。Apple II Piという珍しい拡張カードがこれを実現しています。

 ここまでならただの道楽なのですが、赤松先生はここで「Apple IIを漫画執筆に使えるようにすれば、このカスタマイズをお仕事と主張できる」ということに気付きます。そしてついにはApple IIを用いて原稿を表示し、多少の修正も可能な環境を構築しました。この天才的ひらめき+かわいい女の子の画像は2800回以上リツイートされました。




 現在赤松先生は、Apple IIにWindows XPをインストールしようとしています。現在多くのプロが使用している漫画原稿制作ソフト、ComicStudioを Apple IIで使おうとしているようです。

 しかし、Windows上でApple IIのエミュレーションをする例は聞きますが、Apple IIでWindowsを動かすなんて例はあまり聞いたことがありません。赤松先生はまず、Apple IIに内蔵したRaspberry Pi上でLinuxを起動、その上でx86エミュレータ“QEMU”を動かし、さらにその上でWindows XPを動かそうとしているようです。もうなにがなんだか。



 さらに赤松先生はApple IIに内蔵していた 初代Raspberry PiをRaspberry Pi 2に変更しました。これで理論上、起動時間は2倍、処理速度は5倍以上速くなります。Raspberry PiではたとえWindows XPが動いたとしても、起動時間だけで20分もかかってしまう可能性があります。Raspberry Pi 2でうまくWindows XPを動かすことができれば、起動時間もぐっと縮めることができそうです。



 ちなみにもともとApple IIに搭載されていたCPU「6502」に対して、赤松先生がApple IIに搭載したRaspberry Pi 2のCPUは約1万1000倍の速さとなっています。これだけチューンすれば、Windows XPもなんとか実用速度で動かすことができるかもしれません。ところが……。



 いまのところ、Apple IIでの漫画の執筆はまだ成功していないようです。でも赤松先生ならいつか、ビンテージパソコンならではの漫画表現をみせてくれるに違いありません。

 ちなみに赤松先生、Apple IIに比べるとさらにレアな、Apple IIIも所有しており、こちらもフル拡張されています。すごい。



ヒグチマサキ


追記

 その後いろいろあってついにWindows XPの起動に成功! ……したものの、起動だけで30分もかかるなど、まだまだ実用化への道は遠いようです。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」