ニュース
» 2016年02月19日 12時55分 公開

写真の「デカ目補正」を2000回かけてみたらどうなる? 試してみたら斜め上のクリーチャーが誕生した事案が話題に

「デカ目補正が限界を超えるとコインが錬成される」という謎の結論に。

[たろちん,ねとらぼ]

 今ではスマホなどでも簡単に行えるようになった写真の「デカ目補正」。パッチリとした目にすることで印象をよくする技術ですが、もしこれを2000回繰り返したらどうなるのでしょうか。人気テキストサイト「Numeri」のpato(@pato_numeri)さんが、ブログで衝撃の実験結果を報告しています。

デカ目補正2000回 すごい暇だったからデカ目補正を2000回かけてみた

 開始前は「たぶん、むちゃくちゃ目がでかくなって土偶みたいなのが現れると思う」と予想していたpatoさん。最初の数回の補正では確かに目の形全体が大きくなるような変化を見せています。

デカ目補正2000回 補正前の画像(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正3回目:まだ自然な範囲(画像提供:patoさん)

 ところが補正10回を超えたあたりから様子がおかしくなっていき、眼球の下側がどんどん垂れ下がっていくという異形の進化を開始。100回を超えると完全に人間ではない何かになり、1000回に到達すると垂れた目の下にもうひとつの眼球のようなコイン状のものが発生しています。なんだこれ! 怖い!

デカ目補正2000回 補正10回目:危険な領域へ(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正54回目:目から何かがどんどん漏れ出してくる(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正300回目:目の下に別の目のようなものが生まれ始める(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正1000回目:謎のコインみたいなものが完成。なにこれ怖い!(画像提供:patoさん)

 最初の画像はもともと目の大きい写真だったため、目があまり開いていない細目の写真でも実験。ほとんど眼球が見えないため補正をしてもなかなか変化がありませんが、100回を超えるとまぶたの位置に勝手に目を作り始めるというホラーな現象が発生。そのまま目が拡大し続けるかと思いきや、500回目でまたあのコイン状のものがあらわれてその後は変化しなくなってしまったそうです。

デカ目補正2000回 細目の写真でも実験(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正10回目:ほとんど変化は見られず(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正156回目:ならばとアプリが勝手に目を作り始めるホラー展開に(画像提供:patoさん)

デカ目補正2000回 補正500回目:結局コインになった!(画像提供:patoさん)

 最終的には「デカ目補正をすごく繰り返すとコインが錬成される」という斜め上の結論に。その衝撃の結果とpatoさんの秀逸な文章で、ネット上で話題になっています。どうして限界を超えると目がコインになるのかは不明ですが、なんでもやりすぎはよくないということがよく分かりますね……。

たろちん

関連キーワード

写真 | 撮影 | プリクラ | 画像処理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン