ニュース
» 2016年02月20日 18時00分 公開

これが各国の“パーフェクトボディ”だ! 1人の男性モデルをレタッチして判明した19カ国の理想の外見

マッスルなアメリカやエジプト、スリムな中国やイギリス。しかし見た目よりも健康が第一ですよ!

[高城歩,ねとらぼ]

 以前、世界のいろいろな国で理想的とされる女性の姿を公開した(関連記事)英ネット医療サービスのSuperdrug Online Doctorが同じ企画の男性版を作成しました。各国の“パーフェクトボディ”事情、なかなか興味深いです。



 この企画はニューヨーク在住のフォトグラファーが自らを撮影した1枚の写真を19か国の女性・男性のグラフィックデザイナーに渡し、その国で魅力的と思われるような男性の外見になるようレタッチを依頼するというもの。

 元の写真に最も近かったのはオーストラリアでしたが、他国の写真を見てみると“美”の基準は本当にさまざま。力強いマッチョ体型が好まれるのはアメリカ、エジプト、ナイジェリア、ロシア、セルビア、南アフリカ、ベネズエラ。一方ですらりとしたスリム体型が好まれるのが中国、クロアチア、マケドニア共和国、フィリピン、イギリスなどのようです。


画像画像 左:オリジナル(元の写真) 右:オーストラリア

 また、国によって好まれる肌の色や顔の大きさ、表情、髪型そしてパンツの色が異なるという点もポイント。アメリカ人男性にはなんだかタンクトップの日焼け跡のような加工が、そしてセルビアのデザイナーは腕にタトゥーを付け加えています。やはり“理想の男性像”には女性版と同様にその国の文化的な土壌や習慣が反映されているようです。


画像画像 左:アメリカ 右:イギリス

画像画像 左:セルビア 右:中国

 とはいえ、同社の調査によるとイギリス人男性のおよそ40%がテレビや雑誌などで見かける“完璧な体型”にプレッシャーを感じており、自分に対する自信を喪失してしまうケースも多いのだとか。「完璧な体型の追求は、いまや性別を超越しています。メディアやポップカルチャーなどに鼓舞された結果、世界中の男性が身体イメージについて意識するようになってきているようです。“もっと力強く、もっとスリムに、もっとマッチョに”という体型へのプレッシャーは女性が感じる以上のものかもしれません」とのこと。


画像画像 左:南アフリカ 右:インドネシア

画像画像 左:エジプト 右:クロアチア


画像画像 左:コロンビア 右:スペイン


画像画像 左:ナイジェリア 右:パキスタン


画像画像 左:バングラデシュ 右:フィリピン


画像画像 左:ベネズエラ 右:ポルトガル


画像画像 左:マケドニア 右:ロシア

 そもそもこの企画の目的は“理想の外見”を押しつけることではありません。いつもと視点を変えて“外見”と向き合うことで“理想の美や身体像”も変化するのだと伝え、世の男性を勇気づけようというのが本来の趣旨なのです。

 確かに国レベルでもこれだけ多様なのだから、結局のところは人それぞれの好みによって理想は異なりますよね。まずは健康を第一に考えることがカラダのバランスをちょうどよく整える近道なのかもしれません。

(Images by Superdrug Online Doctor

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた