ニュース
» 2016年02月22日 23時28分 公開

「薔薇の名前」のイタリア人作家、ウンベルト・エーコ死去 遺作「ヌメロ・ゼロ」の国内発刊が決定

河出書房新社より今秋発刊。ミラノの新聞社の腐敗したジャーナリズムに迫るミステリー小説となります。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 世界で1000万部以上売れている小説「薔薇の名前」のイタリア人作家、ウンベルト・エーコさんが2月19日にガンにより死去。河出書房新社は22日、国内で未刊だったエーコさんの最後の作品「ヌメロ・ゼロ」を、今秋に刊行することを発表しました。

ウンベルト・エーコ 米国で発刊されている「Numero Zero(ヌメロ・ゼロ)」表紙

 エーコさんは1932年、伊ピエモンテ州生まれ。中世哲学や美術学、記号論学などさまざまな分野で名を馳せながら、1980年に作家デビューとして発表したミステリー小説「薔薇の名前」で伊文学最高賞のストレーガ賞を獲得。14世紀の修道院で次々と起こる連続殺人事件を描いた作品で、ショーン・コネリーさん主演で映画化もされました。このほか小説「フーコーの振り子」や哲学書「記号論」など多分野の著書で高い評価を得ています。

ウンベルト・エーコウンベルト・エーコ 「薔薇の名前」上巻表紙、エーコさんの顔写真が載った文学入門書「小説の森散策」表紙

 「ヌメロ・ゼロ」は2015年5月にイタリアで刊行されたミステリー小説。発刊からすぐさま25万部突破し、世界74カ国で翻訳が開始されています。「握りつぶされた真実を告発する新聞」を創刊しようとする、あるミラノの新聞社編集部――その発行の裏側にあった歪んだジャーナリズムの恐ろしい陰謀に迫る物語です。河出書房新社は「情報社会にどっぷりと漬かる我々の思考の危うさに警鐘を鳴らす、まさにいま、読んでほしい小説」と紹介しています。

 邦訳は中山エツコさん、2016年9月に発売予定。予定価格は2000円(税別)です。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」