ニュース
» 2016年02月25日 16時04分 公開

VRのハードル下げるか――日本発、視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」

日本で開発されているVRヘッドセット「FOVE」は、視線追跡技術を活用している点が特徴。高価なコンピュータでなくてもVRコンテンツが楽しめ、普及へのハードルを下げる可能性を秘めています。

[松岡洋,ねとらぼ]

 VR(バーチャルリアリティー)ヘッドセット「Oculus Rift」製品版の予約が始まる(関連記事)など、VRがいよいよ製品となって私たちの手の届くところまでやってきました。日本からもソニーが「PlayStation VR」を投入予定ですが、日本発の製品はそれだけではなく、他にはあまり見られない視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」も開発されています。ベンチャー企業FOVEの小島由香CEOに話を聞いてきました。

FOVE FOVE公式サイト

 FOVEがOculusやPlayStation VRと大きく違うのは、VRヘッドセットに視線追跡機能が組み込まれていることです。視線追跡とは、人がどこを見ているのかを機械で検出する機能で、これを組み込むことで、装着者の視線の動きを捉えることができ、さまざまなことが可能になります。

 人の視野のうち、視線の向いている部分以外の解像度はそれほど高くありません。これに合わせて、視線の向いた部分だけを高解像度で、それ以外を低解像度でヘッドセットのディスプレイに表示すればコンピュータの処理を軽減できるのですが、Oculusなどでは視線の向きにかかわらず全てを高解像度で表示しています。このため処理に高価な高性能コンピュータが必須となり、これが一般消費者への普及のハードルとなっています。FOVEでは画面の一部だけを高解像度、それ以外の大部分を低解像度で表示できるため、高価なコンピュータでなくてもVRコンテンツを楽しむことが可能となるのです。また遠隔地からイベントに参加するなどのテレイグジスタンス(遠隔臨場感)という用途もあります。

 FOVEの原点は、小島CEOが前職のSCE(Sony Computer Entertainment)で社内コンペに出した提案。ゲーム機「PlayStation Vita」のカメラで視線を追跡し、ゲーム内のキャラとアイコンタクトするというものでした。その後友人のロックラン・ウィルソンさんと独立して本格的にFOVEの開発に取り組みむことに。昨年クラウドファンディングサイトKickstarterで開発のための出資を募り、目標額の160%となる40万ドルを調達しました。

FOVE CEO 小島さん(右)とロックランさん(左)

 視線追跡の技術や装置はこれまでにもさまざまなものが開発、販売されてきました。しかし多くは据え置き型の装置で、視線を追跡できる範囲が限られていました。少しよそ見をしただけで追跡できなくなるなど、実用上の制約が大きく、ブレークするには至らなかったのです。

 FOVEでは視線追跡装置をVRヘッドセットに組み込むことで、目に非常に近い位置に固定できるため、高い精度で追跡することができます。小島さんによると実際の視線との差異は0.2〜0.5度の精度となっているとのことで、実際に画面上で正確に視点を追跡していました。

FOVE 視線の位置にビームを発射

 ヘッドセットの両目にはぞれぞれ6個の赤外線LEDが設置され、LEDに照らされた瞳を小型カメラで撮影して視線を割り出しています。

小型カメラで赤い点=視線を割り出した様子

寝たきりのおばあちゃんが結婚式に参列

 視線追跡をテレイグジスタンス(遠隔臨場感)に応用した例として、昨年ニュースなどで話題となったのが、結婚式場にロボットを設置して、寝たきりのおばあちゃんの視線でロボットを操作する遠隔結婚式です。

 結婚式場に行くことができないおばあちゃんのために、FOVEと人型ロボット「Pepper」を連動。小島さんとロックランさんが自宅で待機するおばあちゃんにFOVEを装着し、その視線に合わせて結婚式場に設置されたPepperの首が動きます。あたかもその場にいるように結婚式場を眺めることができるのです。

FOVE 遠隔結婚式 遠隔結婚式
遠隔結婚式プロジェクト

 VRヘッドセットは期待されている製品ではあるものの、一般消費者にまで普及するにはそれを動かすコンピュータの性能面のハードルが高く、小島さんも「B2B(企業向けビジネス)から、もしくはB2B2C(消費者に商品・サービスを提供する企業向けのビジネス)から普及していくと思います」と、自身のSCEでの経験も踏まえて語っていました。その意味では、結婚式場のサービスとして今回行った遠隔結婚式もB2B2Cとして導入が期待できるでしょう。

 FOVEは今秋、開発キットを出荷する予定となっています。

松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい