ニュース
» 2016年02月26日 19時55分 公開

絵が動きだすような躍動感! けん玉をテーマにした作品「DAMAISM」が“マンガ界に超新星あらわる!”と話題に

松本大洋さんに匹敵する画力との指摘も。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 集英社の漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」に掲載された「DAMAISM」という作品が、編集部から高く評価され、ネットでも“ルーキー”とは思えない画力とストーリーだと話題になっています。

少年ジャンプルーキー「DAMAISM」 「DAMAISM」作品紹介ページ(「少年ジャンプルーキー」より)

 周りが最新のゲーム機器に熱中する中、“けん玉”で遊ぶ少年「ショコボ」。クラスメイトとなじめない彼の遊び相手は近所の駄菓子屋の「大原のじいちゃん」だけでしたが、ある日、大原のじいちゃんは病気で亡くなり、その孫が駄菓子屋を引き継ぐことになります。その孫から、じいちゃんの形見のけん玉を譲り受けたショコボは求められるまま、けん玉のトリック(技)を披露することに……。

「DAMAISM」けん玉超絶プレイ 大原のじいちゃんの形見のけん玉で超絶プレイを連発するショコボ(「少年ジャンプルーキー」より)

 一見さえない少年が、ひとたび、けん玉を握ると超絶プレイの嵐。ここで入る解説ナレーションもカッコよくてグイグイとけん玉の世界に引き込まれていきます。

流れを生む球・糸・けん 止めを生む球穴・けん先・三種の皿 皿胴・皿縁・鍔・けん尻 そこから生み出される連続技の可能性。動体視力 バランス 一ミリの誤差も許されない正確さと精密さ それに伴う集中力はもはや遊戯の域を超えている

 まるで絵が動き出すかのような躍動感、さらにはスピード感、技のキレ味などを巧みに表現する作者「坂上くん」の画力について、Twitterでは「新人???嘘でしょ???最高にクールで素敵で好き!!!」「こんなんルーキー(新人)に分類していいのか」「けん玉か...って思って読んだけど 続きが気になって仕方ない」「ついうっかりけん玉欲しくなるレベル」「うまくいけばけん玉ブームがくる」など称賛の声多数。鈴木みそさんなどプロのマンガ家からも高い評価を得ています。

 この他にも、「鉄コン筋クリート」などの作品で知られる松本大洋さんに匹敵する画力との指摘や、「ジャンプ本誌で連載すると能力バトルものになってしまうから、それは避けたい」といった意見も。

 「DAMAISM」は、今後も連載されるもよう。最後のシーンで現れる、けん玉を首にかけた謎の外国人集団が今後どう絡んでくるのかも気になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」