ニュース
» 2016年03月03日 12時00分 公開

まいんちゃんが「んふんふ」で喜怒哀楽を表現 「なめこ」が3分間アニメになって帰ってくるぞおおお

アニメ化に合わせて開かれた囲み取材の様子をお届け。

[田下愛,ねとらぼ]

 アプリ「おさわり探偵 なめこ栽培キット」で一躍ブームを巻き起こしたあの“なめこ”が、アニメ「なめこ〜せかいのともだち〜」として4月から放送開始されることが決定。それに合わせ、主役のなめこを演じる“まいんちゃん”こと福原遥さんの囲み取材が行われました。

「なめこ〜せかいのともだち〜」に参加する福原遥さん 主役のなめこを演じる福原遥さん

 まいんちゃんとしてデビューした番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」ではアニメパートの声も担当するなど、声優としての実績もある福原さん。まいんちゃん以来、アニメのアフレコをやっていなかったそうで、「『どのくらいできるんだろう?』と不安だった」と振り返りつつも、声優に選ばれたことについては「『なめこはこういう声を出すんじゃないかなあ』と色々なアニメを見て考えて、自分が思うなめこの声を出してやったら受かったので、本当にびっくり」と素直に喜びを表現していました。

「なめこ〜せかいのともだち〜」の福原遥さん 「まいん」以来のアフレコで不安もあったという

 自身が演じたなめこについては、「すごく素直で、かわいらしいちょっと女の子っぽい男の子。歌を歌っていたときは、男の子か女の子か分からなかったけれど、今回、男の子に決まって、性格もアニメを見始めて素直で活発なかわいらしい子なんだなと分かりました」と説明。人間ならぬなめこを演じる苦労もあったようで、「『んふんふ』で(喜怒哀楽を)表現するシーンがいっぱいあり、それがちょっと難しかった」と苦戦したことを明かしました。

「なめこ〜せかいのともだち〜」の福原遥さん 「『んふんふ』は声が抜けちゃうんですよね」

 作品の見どころについては、「今までなめこのアプリで色々なキャラクターが出てきたけれど、声がみんなついてなかったんですね。それが声がつくのが大きな魅力」「なめこが好きな人だったら、キャラクターの個性が見えて『こんな声出すんだ』という楽しみがある。一つ一つのキャラの魅力がたくさん出ている作品」とコメント。なお、個性豊かなキャラたちが登場する中で福原さんのお気に入りは、「WATH WATH(ワスワス)」が口癖で、たまに毒を吐く犬「ペロ」。アフレコを聞いて、「かわいいなあ、癒されるなあ」と感じたそう。これはアニメが始まったらチェックしないと。

「なめこ〜せかいのともだち〜」の福原遥さん

 終始笑顔でなめこの魅力を語った福原さん。最後に、「3分という短い時間ですけれど、なめこのかわいらしいところに癒やされて幸せになる3分間だと思う。一つ一つのキャラクターに声がつくということで、アフレコをやっていて色々な声があって、聞いているだけでもすごく楽しいアニメで、世界観をたくさん味わっていただけたら」とあらためて作品をアピールしました。 

「なめこ〜せかいのともだち〜」 「なめこ〜せかいのともだち〜」キービジュアル

 アニメ「なめこ〜せかいのともだち」は、世界中のなめこが集まる「なめこの森」を舞台にした物語。4月10日から、毎週日曜17時〜17時25分放送の「ニャンちゅうワールド放送局」番組内コーナーにて、約3分間のアニメとして放送予定(※番組内での放送時間は不定。毎月最終週は休み)。

 そのほかのキャストには、ラブなめこ役に種崎敦美さん、ペロ役に飯塚雅弓さん、なめこ先輩役に河本邦弘さん、ロボなめこ役に宮田幸季さんが決定。かわいいなめこたちの活躍とまいんちゃんの「んふんふ」が楽しみです!

(C)ビーワークス・サクセス/なめこの森案内所

田下愛

関連キーワード

アニメ | アフレコ | 取材 | かわいい | 声優 | 癒し | アニメ化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた