ニュース
» 2016年03月03日 14時40分 公開

「あま絵」で話題を呼んだマンガ家の青木俊直さん 今度は「あさが来た」田村宜のイラストを集中投下

眼鏡っ娘でボクっ娘なのぶの登場で変なスイッチが入ってしまったもよう。

[pedalfar,ねとらぼ]

 NHKの朝の連ドラ「あまちゃん」放送時、連日ネットに投下された「あま絵(あまちゃんのイラスト)」で話題を呼んだマンガ家の青木俊直さんが、今度は現在放送中の「あさが来た」のイラストを投下し始めています。

 青木さんによれば「眼鏡っ娘でボクっ娘のぶの登場で変なスイッチが入ってしまいました」とのこと。“のぶ”とは、あさの娘・千代の親友、田村宜のこと。

「あさが来た」の宜と千代 今週ののぶちよ(画像提供:青木俊直 青木さんのnoteより)

 2月から登場した田村宜を演じているのは映画やドラマ、グラビアでも活躍中の吉岡里帆さん。吉岡さんのInstagramでは、千代役の小芝風花さんと並んだ写真が投稿されています。

田村宜を演じる吉岡里帆さん 田村宜役の吉岡里帆さん。小芝さんは実写版「魔女の宅急便」でキキ役だった方です(画像は吉岡里帆さんのInstagramより)

 「ほのかな百合風味」を作風とする青木さん。「あま絵」で展開された妄想シリーズが「のぶちよカップリング」でも投下されています。

のぶちよでコミケに参加? のぶちよでコミケに参加? (画像提供:青木俊直 青木さんのnoteより)

なぜか「じぇ」と言うキャラも なぜか「じぇ」と言うキャラも(画像提供:青木俊直 青木さんのnoteより)

 幕末の志士のような主人公あさにあこがれを抱き、自分のことを「僕」と呼ぶ眼鏡っ娘のぶ。口癖は「僥倖の極み(ぎょうこうのきわみ)」。思いがけないこれ以上ない幸せ、といった意味ですが、明治のプチ中二病っぽい言い回しがキャラのイメージにぴったりです。

 ドラマの中でのぶと千代のカップリング成長にも自然と注目したくなるイラスト。のぶの登場シーンが増えれば青木さんのイラストの投下もペースアップするはず。それこそ青木さん、吉岡さんのファンにとっては「僥倖の極み」ですね。

「あさが来た」の田村宜のイラスト のぶスタンプ(欲しい!)(画像提供:青木俊直 青木さんのnoteより)

関連キーワード

イラスト | メガネ | 妄想 | NHK


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声