ニュース
» 2016年03月11日 12時00分 公開

「ゴーストライター騒動」佐村河内守氏の記録映画「FAKE」、6月に公開 森達也監督

「A」の森達也監督、15年ぶりの最新作。

[Kikka,ねとらぼ]

 佐村河内守氏のゴーストライター騒動を映画化したドキュメンタリー作品「FAKE」が、東京・渋谷の「ユーロスペース」などで6月4日から全国公開されます。


映画「FAKE」 ゴーストライター騒動の真相が明らかに……?

 聴覚に障がいを持ちながら「鬼武者」などのゲーム音楽や「交響曲第1番 HIROSHIMA」といった作品を手掛け、「現代のベートーベン」と呼ばれていた佐村河内氏。

 その名が一気に知れ渡ったのは、音楽家の新垣隆氏が、18年間にわたって佐村河内氏のゴーストライターとして作曲していたことや、佐村河内氏の耳が聴こえていることなどを告発した週刊誌報道がきっかけでした(騒動の関連記事)。

 過熱する報道の中、佐村河内氏は、主要な楽曲が自身だけの作曲ではないことを代理人を通じて公表しました。また、後日行われた会見ではゴーストライター騒動を謝罪する一方、新垣氏に対しては名誉棄損で訴える可能性があると語り、その後は沈黙を続けてきました。


映画「FAKE」 監督を務める森達也氏と佐村河内氏

 そんな佐村河内氏を追う同作のメガホンをとるのは、オウム真理教をテーマにした、ドキュメンタリー映画「A」で知られる森達也監督。

 佐村河内氏の自宅で撮影を行い、そこへ取材に来たメディアなどの様子も映し出されるようです。


映画「FAKE」 トレードマークの長髪・ひげ・サングラス姿に戻った佐村河内氏

映画「FAKE」 今回公開されたビジュアル。このネコさんは、いったい……?

 果たして作中で何が明らかになるのか、「誰にも言わないでください」と、うたわれた「衝撃のラスト12分」に注目が集まります。

森達也監督コメント全文

 肩書きの一つは映画監督だけど、4人の監督の共作である「311」を別にすれば、「A2」以来だから、「FAKE」は15年ぶりの新作映画ということになる。

 もちろんこの期間、テーマなら下山事件に東京電力、被写体なら中森明菜や今上天皇など、撮りかけたテーマや被写体が皆無だったわけじゃない。何度か試行した。でも結局は持続できなかった。数年前くらいからは、もう二度と映画を撮ることはないかもしれないなと内心は思っていた。

 でも今年、やっと形にすることができた。映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない。誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついているのか。自分は嘘をついたことはないのか。真実とは何か。虚偽とは何か。この二つは明確に二分できるのか。メディアは何を伝えるべきなのか。何を知るべきなのか。そもそも森達也は信じられるのか。

 ……視点や解釈は無数にある。一つではない。もちろん僕の視点と解釈は存在するけれど、最終的には観たあなたのもの。自由でよい。でもひとつだけ思ってほしい。

 様々な解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしいのだと。

(C)2016「Fake」製作委員会

(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」