ニュース
» 2016年03月11日 12時00分 公開

「ゴーストライター騒動」佐村河内守氏の記録映画「FAKE」、6月に公開 森達也監督

「A」の森達也監督、15年ぶりの最新作。

[Kikka,ねとらぼ]

 佐村河内守氏のゴーストライター騒動を映画化したドキュメンタリー作品「FAKE」が、東京・渋谷の「ユーロスペース」などで6月4日から全国公開されます。


映画「FAKE」 ゴーストライター騒動の真相が明らかに……?

 聴覚に障がいを持ちながら「鬼武者」などのゲーム音楽や「交響曲第1番 HIROSHIMA」といった作品を手掛け、「現代のベートーベン」と呼ばれていた佐村河内氏。

 その名が一気に知れ渡ったのは、音楽家の新垣隆氏が、18年間にわたって佐村河内氏のゴーストライターとして作曲していたことや、佐村河内氏の耳が聴こえていることなどを告発した週刊誌報道がきっかけでした(騒動の関連記事)。

 過熱する報道の中、佐村河内氏は、主要な楽曲が自身だけの作曲ではないことを代理人を通じて公表しました。また、後日行われた会見ではゴーストライター騒動を謝罪する一方、新垣氏に対しては名誉棄損で訴える可能性があると語り、その後は沈黙を続けてきました。


映画「FAKE」 監督を務める森達也氏と佐村河内氏

 そんな佐村河内氏を追う同作のメガホンをとるのは、オウム真理教をテーマにした、ドキュメンタリー映画「A」で知られる森達也監督。

 佐村河内氏の自宅で撮影を行い、そこへ取材に来たメディアなどの様子も映し出されるようです。


映画「FAKE」 トレードマークの長髪・ひげ・サングラス姿に戻った佐村河内氏

映画「FAKE」 今回公開されたビジュアル。このネコさんは、いったい……?

 果たして作中で何が明らかになるのか、「誰にも言わないでください」と、うたわれた「衝撃のラスト12分」に注目が集まります。

森達也監督コメント全文

 肩書きの一つは映画監督だけど、4人の監督の共作である「311」を別にすれば、「A2」以来だから、「FAKE」は15年ぶりの新作映画ということになる。

 もちろんこの期間、テーマなら下山事件に東京電力、被写体なら中森明菜や今上天皇など、撮りかけたテーマや被写体が皆無だったわけじゃない。何度か試行した。でも結局は持続できなかった。数年前くらいからは、もう二度と映画を撮ることはないかもしれないなと内心は思っていた。

 でも今年、やっと形にすることができた。映画で大切なことは普遍性。単なるゴーストライター騒動をテーマにしているつもりはもちろんない。誰が彼を造形したのか。誰が嘘をついているのか。自分は嘘をついたことはないのか。真実とは何か。虚偽とは何か。この二つは明確に二分できるのか。メディアは何を伝えるべきなのか。何を知るべきなのか。そもそも森達也は信じられるのか。

 ……視点や解釈は無数にある。一つではない。もちろん僕の視点と解釈は存在するけれど、最終的には観たあなたのもの。自由でよい。でもひとつだけ思ってほしい。

 様々な解釈と視点があるからこそ、この世界は自由で豊かで素晴らしいのだと。

(C)2016「Fake」製作委員会

(Kikka)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる