ニュース
» 2016年03月13日 09時00分 公開

SFの世界をジェットコースターで駆け抜けろ! VRジェットコースターが北米に初登場

サムスンとシックスフラッグスのコラボです。

[イッコウ,ねとらぼ]

 北米各地でテーマパークを運営する「シックスフラッグス」が、サムスンのVR(バーチャル・リアリティ)ヘッドセットを使用したジェットコースターを今年春からカナダとアメリカの九か所でスタートさせると発表しました。先日、イギリスでもVRジェットコースターが発表されました(関連記事)が、北米では初とのこと。もともと絶叫マシン系アトラクションを得意とするシックスフラッグス、ただでさえ迫力満点のジェットコースターがよりボリュームアップすることとなるので……これは期待できる!

 このVRジェットコースターでは、戦闘機のパイロットとしてエイリアンと闘うアトラクションと、スーパーマンと共に突如現れた敵から街を守るアトラクションの二つが用意されています。ジェットコースターの様々な動きとヘッドセットの360度の映像を連動させ、リアルな風や重力を受けながら、バーチャルリアリティの世界を楽しむことができます。


VR 実際の感覚にリアルな映像をプラスしたまさに「バーチャルリアリティ」なジェットコースターです

 ヘッドセットを装着した状態でのジェットコースターとなると、やはり安全面が気になるところですが、実際は動画のようにただ目の部分にVRヘッドセットをはめ込むだけではなく、3つのストラップでガッチリ固定されるとの事で、安全性は問題はないようです。また、VRヘッドセットには抗菌性のある素材を使用する他、使用のたびにクリーニングするなど、衛生面にも配慮されています。


VR 実際には3つのストラップで固定されます

 このVRジェットコースター、追加料金等はありません。12歳以下の方は機器のガイドライン上、VRヘッドセットは使用できないとのことなので、家族で行かれる方はご注意を。


シックスフラッグス VRジェットコースターがあるのはコチラの9カ所。気になる方は北米へGO!


イッコウ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」