ニュース
» 2016年03月16日 16時53分 公開

100万フォロワーの人気Twitterアカウント「Copy writing」、一度復活するも即凍結される

わずか数日での凍結となりました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterでアカウントを削除していた「Copy writing」(@Copy__writing)が1度復活しましたが、数日で凍結されました。現在はアカウントのリンクを開いても、「凍結済みアカウント」と表示されるのみとなっています。


凍結 元「Copy writing」アカウントのあったURLの現在


アカウント 凍結された「Copy writing」(画像は2月時点のもの)

 「Copy writing」は、無断転載などが問題になっていたアカウント。一時120万アカウントを超えるフォロワーがついていましたが、インタビューに答えたことで批判が集まりフォロワー数が減少(関連記事)。その後、凍結防止などのためか、アカウントを削除しました。

 しかし、Twitterでは自分でアカウントを削除した場合、1カ月以内であればアカウントを復帰できます。この仕様を利用し、3月8日前後にアカウントを復活させていました。アカウントを復帰した場合、削除前の状態のまま復元されるため、100万アカウント以上のフォロワーは保たれたままでした。

 ところがそれから6日後の3月14日、アカウントが凍結。100万フォロワー以上がついていたアカウントが消える事態となりました。また、同じような内容をつぶやくサブアカウントも多数存在していましたが、それらもほとんどが凍結処置となったようです。

 ちなみに、「削除」はユーザーが自分でアカウントを消すことで、「凍結」はTwitter運営の手でアカウントを使えなくされることをいいます。「削除」の場合は前述の通り1カ月以内であれば自由にアカウントを復帰できますが、「凍結」の場合はそうもいきません。一応、Twitter運営に不服を申し立てると、場合によっては復帰させてもらえることもあります。


削除 「削除」の場合はこのような表記になります

関連キーワード

Twitter | 投稿 | 批判 | インタビュー | 無断利用


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐