ニュース
» 2016年03月16日 19時55分 公開

卒業式で歌うのはボクの“エゴ” GACKTが自費で続けるサプライズライブの真意を語る

「ボクがやりたいからやってる」とは言うけれど。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 2006年から現在までの10年間にわたって、各地の中学・高校の卒業式でサプライズライブを開催しているミュージシャンのGACKTさん。ライブにかかる経費は自費らしいのですが、一体なぜ、そのような活動を続けているのか。今回ブログでその理由を明かしました。


 ブログによると、GACKTさんが卒業式に歌を贈りに行くようになったのは、担当するラジオ番組に届けられた一通の手紙がきっかけ。手紙を贈ったのは、「環境防災科」という人気のない学部に通う神戸の高校生で、「このままだとこの学部が無くなってしまう。応援してほしい」という助けを求める内容だったそう。

 そのSOSに対してGACKTさんは、「ボクが応援するのは構わないが、それが本当にオマエたちにとって意味があるのか? そんなことをしても、一時的にその学科の人気が戻っても またすぐに定員割れを起こしてしまうだろう」とあえて厳しい言葉で突き離し、「もし、オマエたちの頑張りで、翌年の新入生の定員をオーバーすることがあれば、ボクがオマエの卒業式に花を添えてやる」と条件付きでの協力を約束。

 結果、その高校生は仲間を集めて環境防災科のアピールに努め、数年続いていた定員割れを見事に止めただけでなく、定員を超える志望者を集めることに成功しました。この成果を聞いたGACKTさんは約束を果たすべく、「野に咲く花のように」と題した曲を書き下ろし、サプライズライブを実施。卒業式に花を添えたのでした。

GACKTさん卒業式ライブステージ 卒業式で歌をプレゼントするGACKTさん

GACKTさん卒業式ライブ生徒とハグ 生徒とハグしたことも

 この経験がGACKTさんに、「大きな感動という形で彼らの背中を押すことが出来れば、きっとその中の誰かがいずれ10年後20年後に、また新たな若者達の背中を押せるような人物になってくれるんじゃないのか……」という考えを芽生えさせます。

 「常にステージからオマエたちの背中を押すことをボクは心がけている」と語るGACKTさん。しかし、「この【背中を押す】という行為は、押す側と押される側とのタイミングと諸条件、そして【大きな感動】を伴わなければ、なかなか成立はしない」とも。そういった意味では、卒業式はGACKTさんが人々の背中を押すのに適した舞台だったといえます。

 「ボクらの様な立場の者達はもっとそこに踏み込んでいかなければならないのではないか……?」。そういった思いから、卒業式のサプライズライブを始めたGACKTさん。しかし、自らの行為については「ボクがやりたいからやってる」という理由から“エゴ”と表現するなど、あくまで過小評価。

 また、売名行為だと批難する声については、「ボクに売名する必要はない」「誰かに褒められたいわけでも、誰かに認められたいからやってるわけでもない」ときっぱり否定しました。

GACKTさん卒業式ライブ客席から

 3月19日から始まるライブツアー「LAST VISALIVE」も、GACKTさんのそんなアーティストとしての意地が感じられる機会になりそうです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」