ニュース
» 2016年03月19日 19時55分 公開

石川さんなにやってるんですか! 「たまのランニング」こと石川浩司がアイドルデビュー

木星よりもさらに向こうに着いた。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 1980年代後半に現れた異色のフォークバンド「たま」で、坊主頭にランニング姿が印象的だった石川浩司さんが3月18日、アイドルグループ「えんがわ」としてデビューすることを発表しました。ちょっと何を言ってるのか全然分からないですね。

アイドルグループ「えんがわ」 まちがいなく「たま」の石川さん(画像はTRASH-UP!! RECORDS公式Twitterより)

 アイドルグループ「えんがわ」のメンバーは、元「たま」で現「パスカルズ」のパーカッショニスト・石川さんと、黒セーラーに黒羽のアイドルグループ「BELLRING少女ハート」のカイさん、他のアイドルオーディションに落選したメンバーだけで結成された「あヴぁんだんど」の宇佐蔵べにさんの3人。

 1stシングル「おばんざいTOKYO/オー・シャンゼリゼ」は4月20日に発売。MVは「たま」のドキュメンタリー映画「たまの映画」や、トリプルファイヤー「変なおっさん」のMVなどを制作した今泉力哉さんが手掛けるといいます。

 「たま」は、1986年に「ナゴムレコード」に参加。“イカ天”で知られる「三宅裕司のいかすバンド天国」に出演すると、珍妙かつ幻想的なパフォーマンスで14代目イカ天キングとなったバンド。メジャーデビュー曲「さよなら人類」は、社会現象ともいえる大ヒットを引き起こし、NHK紅白歌合戦にも出場しました。

 1995年に柳原さんが脱退し、3人編成となった後も活動を継続。アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲「あっけにとられた時のうた 」のほか、ナムコ・ナンジャタウンの「もののけ番外地 」のテーマ曲、NHK教育「おかあさんといっしょ」挿入歌「ハオハオ」などの楽曲を提供した後、2003年に活動を終了しています。

たま公式サイト 2003年のライブを最後に解散(画像はたま公式サイトより)

 「えんがわ」の楽曲をリリースする「TRASH-UP!! RECORDS」は、カルチャー雑誌「TRASH-UP!!」が設立した音楽レーベル。アナーキーアイドルグループ「少女閣下のインターナショナル」や、本格的プログレアイドルユニット「xoxo(Kiss&Hug)」といった、アイドル界でも極北ともいえるアバンギャルドなアイドルが多数所属しています。


関連キーワード

アイドル | 音楽 | 社会現象


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」