ニュース
» 2016年03月23日 18時30分 公開

二階堂ふみ&山崎賢人が池袋パルコに 大型ビジョンで映画「オオカミ少女と黒王子」をアピール

パルコ本館屋上の「パルコビジョン」点灯式に出席しました。

[田下愛,ねとらぼ]

 3月22日、東京・池袋のパルコ本館屋上で大型LEDビジョン「パルコビジョン」点灯式が開催され、映画「オオカミ少女と黒王子」に主演した二階堂ふみさんと山崎賢人さんが出席しました。

「パルコビジョン」点灯式の二階堂ふみさんと山崎賢人さん 「パルコビジョン」点灯式イベントに登場した二階堂ふみさんと山崎賢人さん

 映画「オオカミ少女と黒王子」は、「別冊マーガレット」で連載中の八田鮎子さん作の同名マンガを実写化した作品。街で見掛けたイケメンを盗撮し、彼氏だと友達にウソをついてしまう恋愛経験ゼロの女子校生・篠原エリカ(二階堂ふみ)と、エリカの彼氏のふりをする条件として、絶対服従を突きつけるドS王子・佐田恭也(山崎賢人)の、ウソから始まる学園ラブストーリーです。

 映画の役作りについて聞かれた2人。二階堂さんは、自身の役について「ちょっと見栄っ張りな女の子なんですが、実は素直がゆえにウソをついてしまった、すごく真っすぐで天真らんまんな魅力的な女の子。エリカが恭也と出会ってウソの恋人として一緒にいることで、人間としてどんどん成長していく物語だったので、衣装やメイクや制服の丈を変えたりして、一人の女の子が恋を身近に感じることで変わっていくのを意識しました」と語りました。

「パルコビジョン」点灯式の二階堂ふみさん 自身が演じた篠原エリカについて、「魅力的な女の子」と語る二階堂ふみさん

 一方、山崎賢人さんは、「少女マンガが原作で“ドSの黒王子”というキャラなので、かっこよくあろうとは思いながらも、実写でやる上で、ふみちゃんと監督とみんなで現場で『ドSな黒王子とウソをついたエリカが恋をしたらどうなるんだ』というリアルなところを探っていきました」と撮影現場を振り返り、演じた恭也については「素直になれない、すごく男の人も女の人も共感できる部分を持っていると思う」とコメントしました。

山崎賢人さん 高校が池袋に近かったという山崎賢人さんは、「学校終わりに友達とダーツをやったりご飯を食べたりしてプラプラしていました」と、当時の思い出も語りました

 実はこの作品で2010年のドラマ「熱海の捜査官」以来、6年ぶりの共演となった二階堂さんと山崎さん。「お互い大人になったよねっていろいろ話せました。ふみちゃんは昔から自分を持っているというか、すごくかっこいいっす」(山崎さん)、「(6年前)山崎くんがお芝居が初めての現場でご一緒して、監督やスタッフが与えてくださったヒントをちゃんと身体で感じて素直に中に入れていける方なんだなと思っていました。そして、久しぶりに会ったら、『あ、山崎くんは、お芝居の現場でこういう立ち方をするようになったんだな』と、成長や変わらないものをお互いが見つめなおすことができて、すごくいい現場でした。山崎くんとだったからこそ、この作品ができたんじゃないかと思います」(二階堂さん)と、ともに共演の喜びを語りました。

 イベント後半では、いよいよ「パルコビジョン」の点灯。二階堂さんと山崎さんが一緒にステージ上の点灯スイッチを押すと、池袋パルコの大型ビジョンに、「オオカミ少女と黒王子」の告知映像が、続いてイベントステージの二階堂さんと山崎さんの姿が映し出されました。池袋の街を歩く人たちに笑顔で手を振り映画をアピールした2人、「あの大画面に映るって緊張しちゃいますね」(山崎さん)、「池袋に新しい風が吹いて、映画館に行く人が増えてくれたらうれしいので、そういうきっかけの1つになったらすてきだなと思います」(二階堂さん)とそれぞれ感想を口にしました。

パルコビジョン」点灯式の二階堂ふみさんと山崎賢人さん 池袋の街を行く人たちに手を振る2人

 映画「オオカミ少女と黒王子」は、5月28日より新宿ピカデリー他全国ロードショー予定。池袋パルコ本館屋上では、3月25〜27日までの3日間、同作の特別パネルを背景に写真が撮れるフォトスポットが設置。撮影した写真は、そのまま大型ビジョンでも放映されるという「オオカミ少女と黒王子」フォトスポット・パネル展も開催されます。映画の上映を待ちわびている人たちも、池袋にお出かけの際には立ちよってみてはいかがでしょうか?

「パルコビジョン」点灯式の二階堂ふみさんと山崎賢人さん

(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会


田下愛


関連キーワード

映画 | 山崎賢人 | 池袋 | イベント | 実写


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる