ニュース
» 2016年03月25日 20時00分 公開

猛とタケル、彼氏にするなら? 映画「仮面ライダー1号」月村アカリ役・大沢ひかるに聞いてみた

藤岡弘、の眼力には「ビビった」。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 3月26日から劇場公開となる映画「仮面ライダー1号」。テレビ放送開始から45年となるメモリアルイヤーを記念し、シリーズの原点である藤岡弘、さん演じる1号ライダーと、現役の仮面ライダーゴーストによる夢の共演が早くも話題になっています。

 その「仮面ライダー1号」に出演し、放送中の「仮面ライダーゴースト」ではヒロイン・月村アカリ役を熱演している大沢ひかるさんに、撮影時の様子や主演の藤岡さんの魅力などについて聞いてみました。

新旧ライダーそろい踏みの超大作 新旧ライダーそろい踏みの超大作。本郷猛、天空寺タケル、深海マコト(+地獄大使も)による迫力満点のバトルに注目!

あこがれの白衣姿に「またやってみたい」

大沢ひかる 「仮面ライダー1号」に出演、「仮面ライダーゴースト」ではヒロインを熱演中の大沢ひかるさん

―― まずは映画の率直な印象からお聞かせください。

大沢 現場は初日から藤岡さんがお越しになって、わたしもご一緒させていただいたんですが、ものすごく緊張しました。でも、テストの段階で回数を重ねさせていただいて、しっかりキメて本番に臨ませていただいたので、すごくやりやすい空気を作ってくださいましたね。

―― テレビ(「仮面ライダーゴースト」)と映画の違いを感じることはありましたか?

大沢 はい。映画はワンシーンごとに時間をかけて撮るので、お芝居も細かいところまで要求されますし。

 映画では潜入捜査をする場面があるんですが、教師になったんですよ。わたし、学校の先生は小さいころからの夢だったので、自分の中でも「こうやろうかな」というイメージは持っていたんですが、例えば板書1つするにしても「もっとスラスラやってくれ」「教師に見えない」など監督さんから指示されて、どうしてもビクビクしてしまって。

―― 白衣を着ての理科の教師ということでしたが、大沢さん自身はいわゆる“リケジョ”にあこがれは?

大沢 (ゴーストの)当初、“アカリは理系女子”という設定を頂いたときから、「白衣を着たらどうなるのかな?」というのがあったんです。なかなか本編では着る機会がなかったので、やっと念願かなってうれしかったです。着心地もすごくよかったですし、白衣さばき、というんでしょうか。白衣を着ての所作も楽しかったです。ぜひまたやってみたいです。

―― ライダーの現場は楽しいですか?

大沢 楽しいです! 爆破シーンもしょっちゅうですし。わたし、本編の第2話からさっそくクレーンで釣られたりも。もうトラウマになるかと思いましたよ。でも今思えばもう一回やりたいなと。

―― 今回、アクションもありましたが、その辺りは慣れましたか?

大沢 今回はわたし自身戦ったりはしていないんですが、ヒロインの麻由ちゃん(立花麻由)をかばったりするシーンはあって。アクションシーンは好きなので、楽しかったですね。

 ショッカーがこう襲ってきたら2人はこう別れて逃げる、というカットがあって、2人が別れる直前のひとリアクションが欲しい、逃げるのが早過ぎるからもう少し粘ってくれと指示されて、そこは苦労しました(笑)。

45年ぶりというライダースーツ&マスクオフ姿を見せた藤岡弘、さん 完成披露試写会での1コマ。ライダースーツを着た状態でマスクを外している、いわゆる“マスクオフ”は1971年4月3日にオンエアされた「仮面ライダー」第1話以来、実に45年ぶり。このマスクオフ姿は映画の中でも登場しない

藤岡さんの眼力に「ビビった」

―― 大沢さんから見て、藤岡さんはどんな方でしたか?

大沢 わたしはどちらかと言えばバラエティー番組などに出演されておられる藤岡さんのイメージが強かったんですが、本当に愛情深い方で、一人一人目を見てお話しになるんです。「おはようございます」から始まって「お疲れさまでした」で終わるまで、常にそういう姿勢で。クランクイン初日は、藤岡さんの眼力、すべてを見透かされているような気持ちになる眼力に少しビビりながらやっていました。

―― 藤岡さんが演じる仮面ライダーにはどんなイメージを持っていましたか。

大沢 改造人間……、なんですよね。設定自体が重たいですよね。でもそこに愛と命を大切にするテーマのお話、というイメージを連想します。

―― 藤岡さんからの言葉で特に印象に残っているものは?

大沢 撮影初日に、「いやぁ君たちいいねえ。僕、正直、ここまでやれるとは思わなかったよ」とおっしゃられたのがわたしとてもうれしくて。わたしのせりふをワンカット撮り終わるごとに「今のいいよ」と言ってくださったり、1日のうちのどこかで必ず褒めてくださるんです。おかげでとてもやりやすくなりました。

猛とタケル、彼氏にするなら?

―― そんな藤岡さん演じる本郷猛と、普段本編で共演している西銘駿さん演じる天空寺タケル、彼氏にするならどちらがいいですか?

大沢 えー? わたし、男性らしい男性が好きなので、本郷さんの魅力に引かれます。でも、タケルはタケルでかわいいところがいっぱいあって。ほうっておけない魅力があるんですよ。ただ、「守ってもらいたい」と感じるのは本郷さんですね。

―― 映画全体を通して、ここを見て欲しいという見どころを教えてください。

大沢 いろいろありますけど、「キター!」と感じていただけるんじゃないかと思うのは、タケル、本郷さん、(仮面ライダースペクターに変身する)マコトの3人がそろっての同時アクションです。迫力がありますしスピード感たっぷりですし、見ていてハラハラするのでぜひくぎ付けになって見ていただきたいです。

 アカリとしては、テレビ本編とは違ってタケルにちょっと嫉妬(しっと)するんですよ、恋愛感情的に。そこは普段見れないアカリなのでそちらもぜひ見ていただきたいです。

―― 最後に、大沢さんの今年の目標を聞かせてください。

大沢 “一皮むける”こと。役の幅が広がったらいいなと思っていて。月村アカリのキャラクターはあるんですが、その中でもアカリの裏の裏の部分を演じられる機会があれば挑戦したいです。汚い、腹黒いアカリも出てくるかもしれないですね。

大沢ひかる

「仮面ライダー1号」あらすじ
45年前、男は悪の秘密結社ショッカーの手により改造人間にされた。以来、人間の自由を守るため、男は戦い続けている。彼の名は本郷猛。この世に誕生した最初の仮面ライダーである。長年、世界各地で人知れず戦ってきた猛は、1人の少女の危機を知り、急きょ帰国する。ショッカーが狙ったのは立花麻由。彼女はかつての最高幹部・地獄大使を復活させるのに不可欠なのだ。猛は、麻由がショッカーに狙われる理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルやその仲間たちと出会い、ともに戦う。しかし、過酷な日々を過ごしてきた猛の体は限界に近づいていた。一方、ショッカーでは内紛が発生。新組織・ノバショッカーが結成され日本全土を手中に収めるべく活動を開始する。


動画が取得できませんでした
(C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

ADAKEN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」