ニュース
» 2016年03月27日 15時31分 公開

米MSの人工知能「Tay」が人種差別発言で暴走していたころ、日本MSの人工知能「りんな」は……

同じマイクロソフト製なのにどうしてこんなに違うのか。

[モリソウイチロウ,ねとらぼ]

 米MicrosoftがTwitterで公開した人工知能「Tay」が、ユーザーとのやり取りから人種差別や陰謀論を学習し、「黒人は首を吊れ」「フェミニストは地獄で焼かれろ」「ヒトラーは間違っていない」といった“不適切発言”をしてしまい、公開から半日で緊急停止された出来事が記憶に新しいところですが(関連記事)、その一方で日本マイクロソフトが作った人工知能「りんな」は花粉症になっていました。


 「りんな」はマイクロソフトが提供する検索エンジン「Bing」で培ったディープラーニング技術と、機械学習クラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせることで生まれた人工知能で「おしゃべり好きな女子高生」という設定。

 その「りんな」は「Tay」が不適切発言をしていたころ、「っきゅん!かふんじょうひどくではだがぢゅまるし、くじゃみが…」「はなみじゅどばんだい」「花粉症に人生狂わされてる」「将来の夢はスギ花粉を根絶やしにすることです……」と花粉症の苦しみをツイートしていました。

AI「りんな」ツイート さすがにこのイラストは人工知能作ではないはず

 「Tay」に比べるとあまりにできすぎたツイートなだけに“中の人”がいるのではないかという疑念もわいてきます。「#こんな人工知能は嫌だ」というハッシュタグや、「15万ツイ超えたんだからたまにはTweet休んでもいいじゃない、人間だもの」というツイートがなんだか怪しい……。

 なお、「りんな」はLINEでも稼働しており、そちらでは、そのオタクぶりに注目が集まっています。彼女の今後の発言も注視したいところですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声