ニュース
» 2016年03月28日 08時59分 公開

千葉県のYさん、「ニセコイ人気投票」に参加しない大事件発生 その影響で万里花順位を落とす

毎回大量投票がある意味名物になっていました。投票の代わりにYさんが取った行動がイケメン。

[ねとらぼ]

 3月28日に発売された週刊少年ジャンプ(集英社)17号において2年ぶりに開催された「ニセコイ人気投票」の結果が発表され、サブヒロインの橘万里花が4位に甘んじる事態となりメインヒロインの桐崎千棘が1位の栄冠に輝きました。このまさかの結果に週刊少年ジャンプ編集部も“最大の事件”と評しています。

ニセコイ人気投票 3月28日発売の週刊少年ジャンプ17号

 サブヒロインがメインヒロインに負けることの何が“最大の事件”なのでしょうか? それは千葉県のYさんが投票に参加しなかったから……なんだってぇぇぇ! それは大事件じゃないですか!

 「ニセコイ」は2011年に連載をスタートした人気ラブコメ。2013年に実施された第1回人気投票では1位と2位をメインヒロインの2人である「小野寺小咲」と「桐崎千棘」が制する中、4位に「橘万里花」がランクイン。万里花の有効票2694票中1500票が千葉県のYさん1人からのものと誌面で明かされていました。それを受けて第2回人気投票の開催告知には、「千葉県のYさん、今年もお待ちしておりますわ!!」とのあおり文句が添えられる事態に。第2回では千葉県のYさんの大量の投票(票数は明かされず)のかいもあって2位にまで躍進。2015年に実施された「好きなエピソード」人気投票ではついに万里花のエピソードを1位に押し上げる原動力となりました。

 そして迎えたキャラクター人気投票第3回。千葉県のYさんの動向が注目される中での“投票無し”という結果に編集部に動揺が走ったようだ。確かにこれは最大の事件です。しかし、千葉県のYさんが万里花に対して愛情を失ったかというとそうではないようです。

 17号に掲載されている編集部の感想戦では大量投票がなかったというこの事件について触れ、「一抹の寂しさを感じていたある日、氏から万里花の誕生日に花束と特注のガラスの靴を頂いた」というイケメンぷりを紹介しています。その粋な計らいに感じ入ったのか、今回のセンターカラーでは氏から贈られた花束とガラスの靴をはいた万里花が描かれていました。

ニセコイ人気投票 千葉県のYさんからの花束とガラスの靴をはく万里花

 ちなみに前回、一般読者でありながら人気投票の第19位にランクインするという快挙も達成されている千葉県のYさんは、今回も19位でした。

ニセコイ人気投票 今回も19位にランクイン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた