ニュース
» 2016年03月30日 10時40分 公開

まるで転送装置!? マイクロソフトの「ホロポーテーション」にほとばしる未来感

新しい通信機器のカタチ。

[Jun,ねとらぼ]

 まるでSF映画で出てくる転送装置のような技術「holoportation」をMSR(マイクロソフトリサーチ)に属するInteractive 3D technologiesが開発しました。名前の通り、まるでホログラムとテレポーテーションを組み合わせたようなシステムです。テレポートのように相手の3D映像をその場に呼び寄せて、会話や映像を超えたコミュニケーションを取ることができます。



 「holoportation」はカメラを通して人とその動きを3Dでキャプチャします。以前は人の動きをトラッキング(追跡しデータ化)するには、体にマーカーを複数付ける必要があり、大がかりな装備が必要でした。さらに動きを組み入れるための3Dモデルを時間をかけて作成する必要もありました。holoportationではそれとは異なった観点で、そして簡単なシステムで対象とその動きをビデオに録るようにキャプチャし、ほぼリアルタイムに3Dとして再現することができます。

 3Dとして再現された物や人物を見るには、ARゴーグル「HoloLens」を利用します。ARゴーグルではVRゴーグルと異なり、現実世界と仮想世界をオーバーラップした世界をゴーグルを通して見ることができるため、3D化した人や物と現実がミックスされた「拡張現実」の世界でお互いを見ることができます。これにより、あたかもお互い同じ場所にいるかのようなコミュニケーションをとることができます。


ハイタッチ 別の場所にいる相手(左)とハイタッチ!

ドッペルゲンガー 自分のコピーもリアルタイムで見ることができる。まるでドッペルゲンガー

子どもとholoportation 「holoportation」があれば、遠くはなれた我が子とも一緒に遊べちゃう!

思い出の再生 3Dデータとして保存できるので、後からサイズを変えたり別の角度から見たりできるところもスゴイ

 「holoportation」は、ビデオでは伝わらない部分を補える点が大きいと言えます。例えば空間を自由に歩き回れるので、相手の新しい服や髪型を見たり、インストラクターにスポーツやダンスなどの指導を受けるのにも適しているかもしれません。長期出張中のお父さんがリアルな身長と共に子どもの成長を感じることもできます。また視聴者と絡む実況なども面白そうです。「holoportation」は未来へのワクワクを与えてくれる、そんなシステムのひとつです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた