ニュース
» 2016年03月30日 18時00分 公開

銃乱射、警視庁爆破、日本経済をマヒ……いろいろあった「こち亀」両さんのギリギリエピソード14話を無料配信

誰か違う派出所から警察を呼んでくれ。

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 我らがこち亀がまたやらかしてくれました。週刊少年ジャンプ17号で紹介された「両さんギリギリエピソード」が、少年ジャンプ+で無料配信されています。


こち亀両さんギリギリエピソード 不穏なものしか感じねえ……

 週刊少年ジャンプ17号に掲載された「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は「ギリギリ両津先生」と題され、今まで両さんがやらかしてきた悪行エピソードが紹介されています。

 ここで登場したエピソードは、銃乱射や警察署の爆破など、なぜ両さんがまだ在職中なのか不思議になるレベルの暴挙が描かれたよりすぐりの14本。


こち亀両さんギリギリエピソード しょっぱなから飛ばしすぎている1巻1話

 1巻1話では、勤務中にもかかわらず中川とストリップの回数券を賭け金にして花札をしたり、その自堕落ぶりを見とがめられて「ノサップ岬派出所」に配置換えされるなど、初回とは思えないギリギリっぷりを披露しています。ジャンプの理念って友情・努力・勝利だったよな……?


こち亀両さんギリギリエピソード さらにすさまじい警視庁の爆破

 61巻10話の「お手柄!? 不発弾! の巻」では、両さんが背中に縄で不発弾をくくりつけて移送するというギリギリどころではない行為をやってのけています。しかも最終的には両さんの運んできた不発弾で警視庁は爆発……。や、やべえ……。


こち亀両さんギリギリエピソード ぶっ飛んでいるのは両さんだけではない

 そして両さんのやらかしエピソードのみならず、風呂にクルーザーが浮かんでいるという麗子の異常な自宅が登場する189巻2話も無料で読むことができます。そのほかにも暴走族の車にカーチェイスを仕掛ける部長、手が滑って銃をぶっ放してしまう中川など、公権力には許されない行為が満載です。

 ここまですさまじい話が出てくるとは、さすがジャンプ史上最長連載作品。今年で40周年・年内に200巻刊行予定ですが、この機会に一気に読み返してみるのもありかもしれません。

正しい倫理子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」