ニュース
» 2016年03月30日 22時50分 公開

「クロックタワー」の魂を受け継ぐホラーゲーム「NightCry」がついにリリース! シザーウォーカーから逃げ切れ

伝統のRSI(連打せずにはいられない)システムも搭載!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 スーパーファコミコン世代を震撼させた伝説のホラーゲーム「クロックタワー」。このたび、その精神的続編ともいえる新作ゲーム「NightCry」がリリースされました。PLAYISMSteamで配信中で価格は2480円(通常版)。

 制作したのは前作に続いて河野一二三氏。今回追いかけまわしてくれるのは“シザーマン”ならぬ“シザーウォーカー”で、修道女をモチーフにしたデザインとのこと。しかし、これがヤバイ。絶対に目を合わせてはいけないオーラに満ちています。

NightCry こちらがシザーウォーカーさん。怖すぎて思わずさん付けしてしまう……。クリーチャーデザインは「サイレントヒル」シリーズの伊藤暢達氏

 「NightCry」は「クロックタワー」同様、主人公を間接的に操作していくスタイル。ただし今度の舞台となるのは館ではなく、豪華客船のオシアネス号。孤立した船という空間の中、プレイヤーは「通常探索モード」で周囲を探索・謎解きしつつ、シザーウォーカーに見つかったらすかさず「逃走モード」で逃げる! これを繰り返し、何とか恐怖の豪華客船脱出を目指すことになります。

NightCryNightCry 主人公にカーソルで探索か所の指示を出し、謎を解いていく。しかし、うっかりトラップを探索してしまうと……

NightCryNightCry シザーウォーカー出現!全力で逃げよう!! 捕まりそうになったときには、「クロックタワー」からの伝統・RSI(連打せずにはいられない)システムを発動。パニックに陥った主人公を全力の連打でサポートしましょう

NightCry 本作の主人公は3人。日本語版キャストはモニカ:名塚佳織、レナード:小山力也、ルーニー:松井恵理子となっています

NightCry それぞれの主人公の行動により、ストーリーが幾重にも分岐する構造

 同作では、映画「呪怨」シリーズで知られる清水崇氏が企画協力とPVを担当しており、ハイクオリティな仕上がりが発売前から話題になっていました。

清水崇氏監督のPV

 ハリウッド版「呪怨」を手掛けたホラー界の巨匠サム・ライミ氏もリリースに際して、「『NightCry』は、明かりを点けたまま眠りたくなるようなタイプの体験である。殺人鬼のストーリーは、ファンタジー的なビジュアルで彩られる。今日のビデオゲームでこのような素晴らしい作品があるとは。このホラーの船旅に出航し、どっぷりとその旅を楽しむのが待ちきれない」とのコメントを寄せています。


ゲーム画面

NightCryNightCry

NightCryNightCry

NightCryNightCry

NightCryNightCry

PLAYISM商品ラインアップ

「NightCry」PC版:2480円

PC版ゲーム+サウンドトラック(デジタル)セット:3980円

PC版ゲーム+サウンドトラック(デジタル)+アートブックセット:4980円

PC版ゲーム+サウンドトラック+アートブック+絵コンテ:5980円

Steam商品ラインアップ

「NightCry」PC版:2480円

デジタルサウンドトラック:1980円

NightCryアートブック:1280円

清水崇氏によるティーザー映像絵コンテ:1280円

全品コンプリートすると15%オフ割引適用

※価格は全て税込


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響