ニュース
» 2016年03月30日 22時50分 公開

「クロックタワー」の魂を受け継ぐホラーゲーム「NightCry」がついにリリース! シザーウォーカーから逃げ切れ

伝統のRSI(連打せずにはいられない)システムも搭載!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 スーパーファコミコン世代を震撼させた伝説のホラーゲーム「クロックタワー」。このたび、その精神的続編ともいえる新作ゲーム「NightCry」がリリースされました。PLAYISMSteamで配信中で価格は2480円(通常版)。

 制作したのは前作に続いて河野一二三氏。今回追いかけまわしてくれるのは“シザーマン”ならぬ“シザーウォーカー”で、修道女をモチーフにしたデザインとのこと。しかし、これがヤバイ。絶対に目を合わせてはいけないオーラに満ちています。

NightCry こちらがシザーウォーカーさん。怖すぎて思わずさん付けしてしまう……。クリーチャーデザインは「サイレントヒル」シリーズの伊藤暢達氏

 「NightCry」は「クロックタワー」同様、主人公を間接的に操作していくスタイル。ただし今度の舞台となるのは館ではなく、豪華客船のオシアネス号。孤立した船という空間の中、プレイヤーは「通常探索モード」で周囲を探索・謎解きしつつ、シザーウォーカーに見つかったらすかさず「逃走モード」で逃げる! これを繰り返し、何とか恐怖の豪華客船脱出を目指すことになります。

NightCryNightCry 主人公にカーソルで探索か所の指示を出し、謎を解いていく。しかし、うっかりトラップを探索してしまうと……

NightCryNightCry シザーウォーカー出現!全力で逃げよう!! 捕まりそうになったときには、「クロックタワー」からの伝統・RSI(連打せずにはいられない)システムを発動。パニックに陥った主人公を全力の連打でサポートしましょう

NightCry 本作の主人公は3人。日本語版キャストはモニカ:名塚佳織、レナード:小山力也、ルーニー:松井恵理子となっています

NightCry それぞれの主人公の行動により、ストーリーが幾重にも分岐する構造

 同作では、映画「呪怨」シリーズで知られる清水崇氏が企画協力とPVを担当しており、ハイクオリティな仕上がりが発売前から話題になっていました。

清水崇氏監督のPV

 ハリウッド版「呪怨」を手掛けたホラー界の巨匠サム・ライミ氏もリリースに際して、「『NightCry』は、明かりを点けたまま眠りたくなるようなタイプの体験である。殺人鬼のストーリーは、ファンタジー的なビジュアルで彩られる。今日のビデオゲームでこのような素晴らしい作品があるとは。このホラーの船旅に出航し、どっぷりとその旅を楽しむのが待ちきれない」とのコメントを寄せています。


ゲーム画面

NightCryNightCry

NightCryNightCry

NightCryNightCry

NightCryNightCry

PLAYISM商品ラインアップ

「NightCry」PC版:2480円

PC版ゲーム+サウンドトラック(デジタル)セット:3980円

PC版ゲーム+サウンドトラック(デジタル)+アートブックセット:4980円

PC版ゲーム+サウンドトラック+アートブック+絵コンテ:5980円

Steam商品ラインアップ

「NightCry」PC版:2480円

デジタルサウンドトラック:1980円

NightCryアートブック:1280円

清水崇氏によるティーザー映像絵コンテ:1280円

全品コンプリートすると15%オフ割引適用

※価格は全て税込


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン