ニュース
» 2016年04月06日 16時15分 公開

「氷菓」実写映画化決定! 群馬県安中市のエキストラ募集で明らかに

キャストは未発表。わたし、気になります!

[はためく惑星,ねとらぼ]

 米澤穂信さんの推理小説「〈古典部〉シリーズ」の第1作「氷菓」の実写映画が制作中であることが、群馬県安中市でのエキストラ募集の告知によって明らかになりました。

映画「氷菓」エキストラ募集 作中での学校のシーンを安中市で撮影するとのこと(画像は安中市ホームページより)

 「氷菓」は米澤さんのデビュー作であり、第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞受賞作。後に「〈古典部〉シリーズ」として現在まで5巻が刊行されました。2012年には京都アニメーション制作でテレビアニメ化され、現在KADOKAWA「月刊少年エース」にてタスクオーナさん作画による漫画版が連載中の人気作です。

テレビアニメ「氷菓」公式サイト 2012年には京都アニメーション制作でアニメ化もされました(画像はアニメオフィシャルサイトより)

 エキストラ募集のお知らせによると、安中市と協力し、作中での高校のシーンを撮影するために生徒役や教師役を募るとのこと。なお、エキストラ募集は既に締め切られています。

 「氷菓」の実写映画化は以前、KODOKAWAの映像化プロジェクト資料に名前が記載されていたことでうわさされていましたが、今回それが確実なものに。お知らせによれば、脚本・監督を「バイロケーション」「劇場版 零 ゼロ」で知られる安里麻里さんが務め、制作を角川大映スタジオが担当するとのこと。

米澤穂信「氷菓」角川文庫 原作「氷菓」は角川文庫からの新装版が現在発売中(画像はAmazonより)

 気になるキャストは未発表。ヒロイン・千反田えるは誰になるのか、口癖の「わたし、気になります」は再現されるのか、原作挿絵やアニメ版のデザインを踏襲したビジュアルになるのかといった、さまざまなことに注目が集まりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン